41gmltg7tjl

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動... 続き

コメント

妻を人質にされ、折尾という人物を連れてくるよう言われた兎田は、警察の力を借りて折尾を探すために、人質立て籠もり事件を起こす、というような内容。
「すでに起きている出来事も、時間がずれないと見えないわけだ」という作中の言葉が何を意味しているのか、考えながら読みつつも結局一本取られた。物語の後半で「あ、こういうことだったのか」と分かってスッキリする。
ただ、個人的には『レ・ミゼラブル』調の語り口はあまり好きになれなかった。

その他のコメント

てバラバラの点が線になる。
ツギハギが面になる時、全てのピースが埋まる。

読者

478e3fd2 ff8d 47ea b618 217a7224263f7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dE143de23 46db 450c a591 eeeac8719034E2943536 bb9b 4877 a1dd e762240aa55139b8a9e4 d076 46a5 bea7 a502c12b1307Icon user placeholder2fd11672 5952 48d4 bd8a df426cf658f525061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836 61人

伊坂幸太郎の本