Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41gmltg7tjl

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動... 続き

コメント

妻を人質にされ、折尾という人物を連れてくるよう言われた兎田は、警察の力を借りて折尾を探すために、人質立て籠もり事件を起こす、というような内容。
「すでに起きている出来事も、時間がずれないと見えないわけだ」という作中の言葉が何を意味しているのか、考えながら読みつつも結局一本取られた。物語の後半で「あ、こういうことだったのか」と分かってスッキリする。
ただ、個人的には『レ・ミゼラブル』調の語り口はあまり好きになれなかった。

その他のコメント

伊坂さんの本にしては珍しく、結構複雑に複雑を重ねて、読み進めながら、ん?これは?とたくさんなる本。何回か読み直したくなる面白さです。何層にもなる仕掛けが最後に読み解かれ、細かいところまで伏線が満載。濃密な読後感でした。

読者

242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbB069ed8a 04fb 4e9f ba01 57772edec12650702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1C4aaa0bc b0a4 42bd a76c 9581d9255ac3Icon user placeholder 47人

伊坂幸太郎の本

残り全部バケーション

残り全部バケーション

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

短編の繋がり具合が個人的にかなり好き。 それぞれの物語も憎らしくなるくらいに絶妙。 いいタイトルだよね。

3か月前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa36c477ff 4d1a 4b24 be79 c0cb38a13e5a 15