41avfwoctcl

この宇宙はどうやって生まれ、どんな構造をもっているのか。この人類の根源的な問いに正面から挑んだのが「アインシュタインの再来」ホーキングである。難病と闘い、... 続き

コメント

私にも何か語る日が来るのでしょうか。

読者

D798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e94ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d2Icon user placeholder176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d4Icon user placeholder05c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 8人

文庫

アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208))

アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208))

D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c9

半匠・鳳・みけねこ太郎

化学・食品・植物・微生物あたりを…

研究者が実際に一喜一憂する点を見事に一冊の小説に綴り上げており、その作風は映画「オデッセイ」の原作である「火星の人」を思わせます。あまりにもリアルで、一種の思考実験のような雰囲気さえあります。小説に手を染めたい理系はまずはこれを読むべきでしょう。

約6時間前