51y5naqw07l

試合でちっとも打てないぼくは、野球部出身の仙吉に出会う。ぼくもいつかホームランを打つ。あきらめずにがんばろうと誓うのだった…。夢にむかって歩き続けることの... 続き

コメント

男二人がどうすれば野球の試合でホームランを打てるかを語り合う絵本。男二人の内、少年の方は試合でホームランを狙って結果を出せず、もうひとりの少年と仲が良い社会人の男は高校野球でレギュラー経験があり、少年にどうすればホームランを打てるかを語るが、その男もホームランはまだ打ったことはないと。話を聞いたあと少年は「ぼくは神に選ばれてない気がする」とへこんでしまいますが、社会人の男が少年を励まして、どっちが先にホームランを打てるかを競争しようと提案します。ホームランというゴールにたどりついていないのですが、この絵本は男と男の友情を書いてるなと。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

長谷川集平の本