5183n6dyytl

八神森司は、幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生。片思いの美少女こよみのために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。ある日、オカ... 続き

コメント

高校の時から好きだった後輩の女の子に告白をしないまま卒業した八神森司
一浪して入った大学で再会した後輩の女の子と同級生になって 同じサークルに入ることにした
ところがそのサークルは「オカルト研究会」
視える森司にはちょっと大変な大学生活の始まりだった

幽霊も一概には怖いものとは言えないかも
中には守るために現れる優しいものもいるし

ホラーと恋愛をミックスした話
今後の森司とこよみちゃんの展開が楽しみ

その他のコメント

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc30266ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d9A2297ae0 ad64 4239 b959 8ed8417109d12fddb16a 8aae 45bc 8021 1e4b6a9b653bBbb5e9e8 0020 4ad6 931f e1df2982dc51A7761463 4ed4 4132 b4bb ff65317b11975bc9b361 55c9 44ce 84bf fc63005260d1 10人

櫛木理宇の本

死刑にいたる病

死刑にいたる病

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

主人公である雅也にある日突然、連続殺人犯から一通の手紙が届く。起訴された9件の罪状のうち1件だけは自分の犯行ではない、という内容のものだった。被疑者である榛村大和はなぜ一時期店の客だっただけの自分へわざわざ手紙を送ってきたのか…? 大学生活に馴染めず鬱屈した毎日を送っていた雅也は次第に事件の調査にのめり込んでいく……。 ひどくリアルで残虐であるにもかかわらず、どこか魅惑的で思わず引き込まれた。 次々と明らかになる出来事はどれも情け容赦なく陰鬱で残酷なのにどこかありふれた事のようにも感じ、気づけば受け入れ納得している自分に気づく。 ここ近年で読んだミステリーの中では最も細緻でよく練られている物語だと思う。 ミステリーとしてでなく、社会やごく身近な人間に踏みつけられないがしろにされた人々の悲しい物語でもある。 この著者の作品をもっと読んでみたいと思った。 おススメです。

約1年前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 26