51rm4g1tmcl

キミたちはみんな、もっと好きな人に、会えたのだろうか? 糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、悶絶! ある朝の満員電車。昔フ... 続き

コメント

普段はtwitter発信の本は読まない。こちらで何回か見かけたので購入してみた。
大人泣きするなんて書いてあったけど、泣かなかった。
私が女だからだろうか?
たぶん、男の人にとって突然の別れでも女の人はなにかしらのサインがあったはず。
男は過去の自分に用事があって、女は未来の自分に用事があるって言葉が真理だと思う。

なんだか空気はいい感じ。説明はできないけど。あの娘にオススメしようとも思わないかな。

著者の自伝的小説ということになるのだろう。今は失われてしまったあまりにも美しい日々の情景。「美味しいもの、美しいもの、面白いものに出会った時、これを知ったら絶対喜ぶなという人が近くにいることを、ボクは幸せと呼びたい。」

「ボクたちは、一緒に生きていくはずだった」(帯より)

なぜか根拠もなしに、きっとこの人とずっと一緒にいるんだろうなぁと感じたの恋人が自分にもいたなあ。

大好きな人がくれた言葉は、いつになっても成仏しないよね。他愛ないことから、大事なことまで。
エゴだってわかってはいても、自分自身もいつか出会えたらいいなぁとおもう。あぁ あの頃と変わらないなあ、って微笑ましく思えるような相手の姿に。一部分でもいいから。

10年前のあの子がLINEの友達?にでてきた。もしかしてこれあいつなのか…もう電話番号消してるけどあっちは残してたんだ…なんか送ってみようかな…でもな

そんなこと考えてたらLINEが来たんだ

「カープ優勝おめでとう」

忘れたくないあの子を思い出すというよりも、忘れたいのに忘れられないあの子を思い出す一冊。ずっと曇り空。

私の「あの頃」とは時代が違うから共感の軸はそこじゃないんだけど、なんだろう、ふとした言葉が引っかかる。自分の中につっかえていて取れない、見て見ぬフリしようと思えばし続けるられる何かを蒸し返されてる感覚があった。

ひとつの世紀が終わる直前の、夢とか自己実現とかやりがいとかで世の中がうるさくなかった頃の、ただただ相手を求めるだけの恋があまりにも切なくて胸が苦しい。
まさかSNSなんてもので過去と繋がってしまうとは。静かにカサブタが消える方が良かったのか、無理にでも成仏させる方が良かったのか。
静かで熱い小説。昭和を知る人に、ぜひ。

やりきれなさがすごい。心に沁みてどこか心地の良い痛みが続く。世界でいちばん愛して愛されたとしてもずっと一緒にいられる訳では無いんだなぁと思った。人はどうしても変わっていくということを痛いほど実感した。

心地よい言葉の音楽!

爽快‼︎

読みながら ただ、ただ、

言葉の音を味わいました。

読者

F2a5bb25 23f3 48e5 9e4b 787c44767b0b8862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05358d810ce a869 48d8 a2f5 c91eed7d56ed5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75 167人

文芸

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296

Ai

今更ながらに読んでみたが、最後のネタばらしでの落としどころは確かに驚いた。ただの恋愛小説ではないのには納得、ストーリーに騙されてた自分が少し悔しい。

約3時間前

Dc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f9f8b99a6 af53 4dda b1a5 394268bf8dc4Icon user placeholder 59
選んだ孤独はよい孤独

選んだ孤独はよい孤独

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

途中まではなんかこの本、駄作かなあと思ってたんだけど、そうでもなかったみたい。すごく上手い書き手かと言えばそんなことはないし、物語にぐいぐい引き込まれるかと言えばそういうわけでもない。でも結果的には面白く読んだ。「心が動いた瞬間、シャッターを切る」が一番好き。またこの作家の本を読んでしまうかも知れない。

1日前

3f9a8167 294e 4dba 9831 23f52ccc07c72642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca 20
陸王

陸王

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

池井戸氏の痛快なストーリーで、少し憂鬱な朝晩の通勤を明るくしたいと思い、初めてオーディブルにて購入、読了いたしました。 ストーリーは期待通りのもので、本書の主要素が如く走り切ったような爽快感に満たされました。求めていた心持ちに浸ることが出来、満足しています。 また今回初めてオーディブルで小説を楽しみましたが、文字を目で追う時には感じられない、不思議な昂揚感がありました。読み手の方の役者ぶりもさる事ながら、恐らくは冊子の中でもあるのであろう、行間が私の中では印象的です。その行間がもたらす静けさの間に、物語のイメージがありありと浮かび、その先の展開に強い想像力を働かせ、どこまでもワクワクが止まりませんでした。新しい小説体験に出会えたことに感謝です。

2日前

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b15bdba938 f911 499c b90b 1828646bd07eF8ace358 297f 48f5 8789 d39ef27aaf79 64