Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rm4g1tmcl

キミたちはみんな、もっと好きな人に、会えたのだろうか? 糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、悶絶! ある朝の満員電車。昔フ... 続き

コメント

普段はtwitter発信の本は読まない。こちらで何回か見かけたので購入してみた。
大人泣きするなんて書いてあったけど、泣かなかった。
私が女だからだろうか?
たぶん、男の人にとって突然の別れでも女の人はなにかしらのサインがあったはず。
男は過去の自分に用事があって、女は未来の自分に用事があるって言葉が真理だと思う。

なんだか空気はいい感じ。説明はできないけど。あの娘にオススメしようとも思わないかな。

著者の自伝的小説ということになるのだろう。今は失われてしまったあまりにも美しい日々の情景。「美味しいもの、美しいもの、面白いものに出会った時、これを知ったら絶対喜ぶなという人が近くにいることを、ボクは幸せと呼びたい。」

「ボクたちは、一緒に生きていくはずだった」(帯より)

なぜか根拠もなしに、きっとこの人とずっと一緒にいるんだろうなぁと感じたの恋人が自分にもいました。

大好きな人がくれた言葉は、いつになっても成仏しないよね。他愛ないことから、大事なことまで。エゴだってわかってはいても、自分自身もいつか出会えたらいいなぁとおもう。あぁ あの頃と変わらないなあ、って微笑ましく思えるような相手の姿に。一部分でもいいから。

10年前のあの子がLINEの友達?にでてきた。もしかしてこれあいつなのか…もう電話番号消してるけどあっちは残してたんだ…なんか送ってみようかな…でもな

そんなこと考えてたらLINEが来たんだ

「カープ優勝おめでとう」

忘れたくないあの子を思い出すというよりも、忘れたいのに忘れられないあの子を思い出す一冊。ずっと曇り空。

私の「あの頃」とは時代が違うから共感の軸はそこじゃないんだけど、なんだろう、ふとした言葉が引っかかる。自分の中につっかえていて取れない、見て見ぬフリしようと思えばし続けるられる何かを蒸し返されてる感覚があった。

ひとつの世紀が終わる直前の、夢とか自己実現とかやりがいとかで世の中がうるさくなかった頃の、ただただ相手を求めるだけの恋があまりにも切なくて胸が苦しい。
まさかSNSなんてもので過去と繋がってしまうとは。静かにカサブタが消える方が良かったのか、無理にでも成仏させる方が良かったのか。
静かで熱い小説。昭和を知る人に、ぜひ。

やりきれなさがすごい。心に沁みてどこか心地の良い痛みが続く。世界でいちばん愛して愛されたとしてもずっと一緒にいられる訳では無いんだなぁと思った。人はどうしても変わっていくということを痛いほど実感した。

心地よい言葉の音楽!

爽快‼︎

読みながら ただ、ただ、

言葉の音を味わいました。

読者

Icon user placeholder06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb943fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd044759bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b0626f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3 124人

文芸

スペードの3

スペードの3

08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74f

ともざえもん

イラストのこととか、小説のことと…

3人の女性の見栄と羨望と嫉妬の話…かな?朝井リョウ、男のくせに女心が分かるのか、女臭がプンプン臭ってきそうです。

約6時間前

37495ab9 42fb 4265 b08d 88f5a175ffc0577a074d e252 483c 812d de74f7fd36eaIcon user placeholder 18
阿弥陀堂だより

阿弥陀堂だより

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

人に本を勧めるのは、非常に難しい行為だ。だから、お勧めの本を尋ねられると「合わなければ無理して読む必要はない」などと一言付け加て紹介することになる。そんな私が、是非読んでみてと言いたくなるような本に出会った。主題、ストーリー、人物、背景、これらが全て破綻なく一つの世界を作りあげていると、この小説は思わせてくれるからだ。この中の、誰かが欠けても、何かが置き換えられてもならない。無駄な言葉もない。ああ、小説ってこういうのを指すんだなぁ。

約17時間前

物語の生まれる場所

物語の生まれる場所

E28b3c51 cef9 46ea b7db 1095e8687c52

e

ほんのむし

2018年10冊目。絵はそんなにないけど、絵本をめくる感覚。本屋さんで一目惚れして、だいすきなお友達に贈るのと、自分用、2冊連れて帰ってきた。良い判断でした。/201801

1日前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F0af895a c3b5 4c59 b878 5228d5ae8ae74e7cadc7 4443 475c b8e2 65428e911d90