Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rm4g1tmcl

キミたちはみんな、もっと好きな人に、会えたのだろうか? 糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、悶絶! ある朝の満員電車。昔フ... 続き

コメント

普段はtwitter発信の本は読まない。こちらで何回か見かけたので購入してみた。
大人泣きするなんて書いてあったけど、泣かなかった。
私が女だからだろうか?
たぶん、男の人にとって突然の別れでも女の人はなにかしらのサインがあったはず。
男は過去の自分に用事があって、女は未来の自分に用事があるって言葉が真理だと思う。

なんだか空気はいい感じ。説明はできないけど。あの娘にオススメしようとも思わないかな。

著者の自伝的小説ということになるのだろう。今は失われてしまったあまりにも美しい日々の情景。「美味しいもの、美しいもの、面白いものに出会った時、これを知ったら絶対喜ぶなという人が近くにいることを、ボクは幸せと呼びたい。」

10年前のあの子がLINEの友達?にでてきた。もしかしてこれあいつなのか…もう電話番号消してるけどあっちは残してたんだ…なんか送ってみようかな…でもな

そんなこと考えてたらLINEが来たんだ

「カープ優勝おめでとう」

忘れたくないあの子を思い出すというよりも、忘れたいのに忘れられないあの子を思い出す一冊。ずっと曇り空。

私の「あの頃」とは時代が違うから共感の軸はそこじゃないんだけど、なんだろう、ふとした言葉が引っかかる。自分の中につっかえていて取れない、見て見ぬフリしようと思えばし続けるられる何かを蒸し返されてる感覚があった。

ひとつの世紀が終わる直前の、夢とか自己実現とかやりがいとかで世の中がうるさくなかった頃の、ただただ相手を求めるだけの恋があまりにも切なくて胸が苦しい。
まさかSNSなんてもので過去と繋がってしまうとは。静かにカサブタが消える方が良かったのか、無理にでも成仏させる方が良かったのか。
静かで熱い小説。昭和を知る人に、ぜひ。

やりきれなさがすごい。心に沁みてどこか心地の良い痛みが続く。世界でいちばん愛して愛されたとしてもずっと一緒にいられる訳では無いんだなぁと思った。人はどうしても変わっていくということを痛いほど実感した。

心地よい言葉の音楽!

爽快‼︎

読みながら ただ、ただ、

言葉の音を味わいました。

読者

Icon user placeholder787f298d bedb 4a76 9827 1df78457715f06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074007b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d2Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8Icon user placeholder 115人

文芸

鷲は舞い降りた

鷲は舞い降りた

40dd21d7 0618 4b4b 9f23 41dec83de311

Susumu Hikita

コーヒーと公園

文句なしに面白い!とはこの小説のことだろう。 第二次世界大戦中のドイツ軍落下傘部隊による英国本土でのチャーチル誘拐、という暴挙とも言える作戦に、 作戦を指揮するドイツ軍将校も落下傘部隊の歴戦の勇士も諦観の域で死に場所を求めるかのように、士気高く遂行していく。 抗いきれない立場であろうとも、自分の意思に信念を持って行動することこそが人間の最も優れた価値であることを極上に面白い娯楽小説の形で明朗に伝える。 なんといっても魅力あふれる登場人物の面々。男も女も皆とにかくヒロイックで、自分の思っていることを闊達にシニカルに語る。そして例え獄中であっても決して信念を曲げない。 また航空機、船艇、小火器などの武装から服装や酒、タバコの銘柄までディテールにこだわることでリアリティを演出することに一役買っているが、描写がくどくどしくないのでスピード感に影響させない(もはや馴染みのない機種名や銘柄が登場しても、Google画像検索が楽しみを後押ししてくれる)。 なかでもカバーアートにも描かれているダグラスDC-3がなんといっても印象的。 夢中で読んで「あ!面白かった!」と声に出るほど感嘆した。

1日前

Icon user placeholderE4a13cfe a893 43e5 8d4d f62132e54b736bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b
ランチ酒

ランチ酒

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

今読んだのは間違いだったなあと感じた日曜のお昼時。 美味しいご飯に美味しいお酒。 最高じゃないか。

1日前

その日のまえに

その日のまえに

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

「死」と関連する連作集という感じでしたので。悲しい話が続くのかと思っていたのですが。登場人物は、以外に逞しかったりします。悲しみは、激しいばかりでなく、静かに深いものでもありました。それは、残された人々にも当てはまり。「死」と正面から関わった人の人生にも深く染み込んでいくものでした。 ただ悲しい話だけではない事に、ウルウルと涙が滲んできてしまいました。

1日前

山古志村のマリと三匹の子犬

山古志村のマリと三匹の子犬

751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59d

四茂山治樹

今話題のヲタは当然ながらコミック…

この一件が…新潟県から初(日本の中のみですが)となる…愛護動物との同伴避難可能にした地震だったのですね…。 「私の記憶では、この書籍の舞台と同じ地震で家族3人が乗った車が転落して、息子さんのみと言う不幸に隠れてた(当時2歳の為(ため)現在は15歳…御母様(故人(犠牲者)の為)が同級生だったので記憶に鮮明に残ってます)のですが…こう言う光明も呼んだ震災だったので…ねぇ〜…。 もうすぐ過ぎますが、東日本大震災から6年9ヶ月(ヶ月単独換算では81ヶ月)の日だったので…東日本大震災では、粗野としてリリースされたケンネルズ(犬猫)の骸(むくろ‥死骸)をフォトブックで読んでると…悲しいですね…。 この絵本の主人公のマリーと仔犬達も還天(人で言う他界)済みかも痴(し)れません(既にマリーに関しては確認されてます)が…マリーも嘆いてると想いますので…去年の九州中北部(熊本大分)大地震や今年の九州北部(福岡と大分は2年続き)の大雨とか諸々の震災が増え始めてますので…なんとかねぇ〜…と考えさせられる内容の絵本でした。 地域はおろか、国内外問いませんので…続編となる絵本が…出版されて欲しいですね…」と一考させられる絵本と也(なり)ました。

1日前