51i2qce ucl

コメント

実際にありそうで、だけどSFで、SFとわかっていても
自分の中で想像ができる。
いまの時代でも実現できていないことがたくさんある。
近そうで遠い星新一の世界☆

その他のコメント

斬られたことにしばらく気付かないような鋭利な切れ味のショートショート。

言わずと知れたショートショートの達人、星新一氏。
中学のときに出会って以来、大ファンです。

一言で表すならば、痛快。
科学的な話も多いが、全く置いていかれることはない。
むしろ、星新一氏の世界に、手を引かれ、連れていかれる感じだ。

どう来る⁈こうか⁈と予想しながらも、なかなか正解にはたどり着けない。
ああ、そう来たか!と、まんまと騙される。
それがたまらなく気持ちいい。

時間がないけど、読書を楽しみたい方におすすめします。

読者

A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d63b3dde0 ef38 44a7 9c82 cd2278ef13d54dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e945178c7b bb4b 4392 a79c abcb2a291f2cE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab58d1fa04 ab2c 4414 9bcc af42154153e4C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b 87人

星新一の本

白い服の男

白い服の男

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

本全体のタイトルにもなっている「白い服の男」星新一にしては珍しい、わかりやすい「ディストピア物語」だ。 ただ、主人公が「革命側」や「支配される側」では無い。 会社で言えば「中間管理職」とも言えるポジションの男。 「支配する側の男」が当たり前のように、歴史を改ざんして、違反者を虐げる。 その「違和感を感じる」日常生活の描写が、なんとも言えない「嫌な感覚」を与えてくれる。 皮肉屋の星新一らしい物語。 淡々と進んでいくのが、逆に怖い。 また「自分が思っている常識とは?」という質問を自分に問いかけてしまう。

6か月前

午後の恐竜

午後の恐竜

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ただ恐竜が現代に現れるだけなら、誰にだって書ける話なんだけれど、短い話の中に人の愚かさと家族の穏やかな日常の一コマをまとめる星さんはすごい。 そして何よりタイトルがいい。 午後の恐竜だなんて、たまんないよ、まったく。

8か月前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Icon user placeholder 21
盗賊会社

盗賊会社

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

緑の表紙の新装版を購入。 苦労や苦悩は無くならないものかもしれない。 自分のことや家族のこと。会社に勤め働いていると、周りのこと、会社のことも考えなきゃならない。 疲れた時に読むと良い。現実離れしていて気持ちが軽くなる。それでいて、自分を客観的に見るキッカケにもなるかもしれない。

9か月前

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdIcon user placeholder11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157