51kzbbkpy2l

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な... 続き

コメント

今の自分。それは自身が選択してきたものの積み重ね。それが真実。

その他のコメント

冷めた態度の少年が叩きのめされる小説。自らの存在について非情なまでの現実を突きつけられ、少年はどんな未来を選びとるのか…⁉︎
全体的に暗い小説だが、最後まで読んで前向きな気持ちになれた(というより無理矢理そうした笑)。もう変えられないが、変えることができたかもしれない。そんな自分の過去とどうやって付き合っていくのかを考えるきっかけになる小説ではないだろうか。

なんとなく次へ、次へ、となる本を読みたく。けっきょく一晩で。とにかく苛烈。米澤穂信の作品はそういえばどれも苛烈だったと思い出したけれどもその中でもだいぶ。おどろおどろしい夢を見るんじゃないかと恐れながら寝た。

読者

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a68bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabIcon user placeholderIcon user placeholder 47人

米澤穂信の本

追想五断章

追想五断章

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

見逃していた米澤穂信の作品。 古書店の店員である主人公の元に、ある日寄せられた奇妙な依頼。それは、今は亡き無名の作家が残した5つの短編を集めて欲しい、というものだった。 報酬に釣られて引き受けた主人公だったが、集め始めた短編にはある家族に纏わる秘密が隠されていた。 といったあらすじ。 メインの推理は中々の面白さ。作中作として5つの短編もしっかり書かれる所が面白く、その分作者の苦労が偲ばれる。 そして「追想五断章」という名の通り、5つの断章についての追想、といった趣のある作品だった。作品を探す主人公はたしかに主人公なのだが、過去の事件と今の自分には何も関係が無い。それを思う主人公は、きっと羨望すら感じていただろう。 劇的じゃ無くても人生は続く。毎度の事ながら、今回もほろ苦さを噛み締めつつ読了。

9日前

ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ五作目。 ここからは非アニメ化部分かな。 せっかく古典部に入部してくれそうだったのに、誤解が誤解を招いて、退部してしまいそうな一年生をなんとかする話。 さんざん省エネ主義を標榜しておきながら、こと千反田案件となると俄然本気出してくる折木君がステキ。マラソン大会中に事件を解決してしまうとか神業に近い。 米澤穂信作品らしく、タイトルには複数の意味合いが込められており、物理的な距離以外に、多くの人々の心の距離も推し量っていく進行が上手い。

約2か月前

67565ccb 43e9 45ae 83b1 e430aa548526Icon user placeholderIcon user placeholder 10
リカーシブル

リカーシブル

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

本の帯に「ボトルネックの感動ふたたび」とあったので警戒しながら読んだ一冊。 主人公はまだ中学一年生という若さで苦難に直面し、小学三年生の弟は弱虫で生意気で、引っ越してきた町は不気味。 読み進めるほどに曖昧だった不安の正体がはっきりとし、ついで主人公の現実にも危機が迫る。しかしボトルネックの時と違う最大のポイントは、「生きる意志の強さ」とでもいうべき力が今作の主人公にちゃんと備わっていたということ。 未来は不透明だし不安要素ばかりだけれど、作中の謎を解き明かす頭脳と根性と優しさがあるから、主人公はきっと大丈夫だ。強く生きてくれ。

3か月前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939 15
遠まわりする雛

遠まわりする雛

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ四作目。 過去三作と違って、本作に「連作ミステリ」の要素は無いのだけど、「連作小説」であることの工夫は凝らされている。 収録されている七編は、古典部の春夏秋冬、一年間の出来事をつづっていく。時間の流れと共にキャラクターたちの関係性も変化していく。 「省エネ主義」を標榜し続けていた、主人公奉太郎の変貌に注目かな。 ラストの「遠まわりする雛」は古典部シリーズでもっとも美しい物語の一つだろう。

4か月前

81c5b28b 8974 4c31 a73b e3aba44d10ae359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74D29168e4 e9a8 43e6 bcc3 6841f23fff82 17