51u%2boxxjtyl

初級・1st.STEP-基本中の基本!主語と述語について考える(書く前に自分と向き合う-自分の長所と短所を見つける ボディーづくりは骨格と肉から-主語と述...
続き

コメント

読了。軽い体裁にタカをくくってたら、Twitter以降文章を書くことに億劫になっていた自分に欠けていた「なんで?」で転がす文章作成法だとか「状況」「行動」「変化」のチェックなど、「文章をもう一度編みたい」と考えさせる一冊。なお、主人公すずは全ページでジョナサン・ジョースターのポーズをとっています。

就活前の女子大生と、謎のおじさんの会話形式で進行する文章スキル獲得本。主語と述語、助詞の使い分け、副詞の係り受けなど文法の基礎レベルから始まって、こそあど言葉の距離感、重複表現の回避、5W1Hの活用、「WHY」の使い方まで、順を追ってスキルアップさせてくれるのでわかりやすい。ダメな例、添削例も豊富なので面白い。

主人公が女子大生なので、最終的にはエントリーシート(ES)にしっかりとした自己紹介と志望動機を書けるようになるというのがゴールになっている。よって、どうしても想定読者が就活を目的とした大学生に偏りがちなのだけれども、「自分はしっかりした文章が書けている」と自負している中高年にこそ改めて読んでみてほしい一冊。意外と出来てないことが多くてショックを受けたわたくしなのでした。

特に理由があるわけでもないのに、文章を書くことに昔から苦手意識があって、読んでみた。
「謎のおじさん」からのレッスンという形で解説が進んでいくので、まるで自分の書いた文章を直してもらっているみたいで面白い。
筆が軽くなりそう。

読者

485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa5a363edb 969c 47fb 90f3 26abe3ff712b60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda646c691830 1283 4653 871c d81a06afb949F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9 85人

前田安正の本

3行しか書けない人のための文章教室

3行しか書けない人のための文章教室

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

読み始めて「あれ?」と思ったら「マジ文章〜」の著者とその時気づいた。インパクトは「マジ」が強いのだけど、Twitter黎明期で400字を書くのが辛くなってしまい、ロジカルな文章作成術や文章表現・構成本を読んできても変わらなかった自分に必要なのはただひとつ、なんで?だったことに気付かされた。「話が飛ぶ」と人に言われるが「自分にとっては繋がっているのでワザワザそこを伝えるの面倒だしカッコ悪い」という観念は一度置いとこう。

約1年前

6e8b8aa5 288a 47ec a80b 47edb4637e3179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a700951b95 1591 4009 b362 e29c67a25e83 8
しっかり! まとまった! 文章を書く

しっかり! まとまった! 文章を書く

F23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684

Hiroki Morioka

Technical

ブログが続かない理由のひとつとしてうまく文章が書けないがあがることがある。本書は、「なぜ」「どうして」で書いていくという方法を紹介している。これが初心者(私)にわかりやすかった。そこからどんどんと発展させてまとまった文章を書けるように段階を踏むよう構成されている。まさしく読者目線で書かれたお手本のような良書だ。

約3年前