31kyx1y%2b62l

結婚した相手は、人生最愛の人ですか?ただ愛する人と一緒にいたかった。なぜ別れなければならなかったのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。 続き

コメント

この本について一言。
大人の恋愛だ。

その他のコメント

「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えているんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」

とても印象的で、ここ最近で一番ハッとさせられた。装丁買いした本だけど、出会うべくして出会ったのか、今読みたい気分の本だった。

Before sunrise & Sunsetのような雰囲気の小説だった。終わり方の余韻もフランス映画的でいい。

“静寂の美”と対峙し苦悩する天才クラシックギタリストの男と、テロの生き残りという心の傷を抱えた女の物語。
「未来は過去を変える」という主題と、知的で洗練された会話の数々に魅了され、美しいフレーズを何度も読み返しては惜しみながら頁を捲った。
さらに着目すべきは、恐ろしく緻密な描写力である。思考を奥底まで掘り下げ、ふとした仕草や表情の奥にある感情までも抉り出すように描写している。
新聞連載時にも読んでいて、少しずつしか読めないのがもどかしく、10ヶ月間毎日身悶えていた。単行本化され、やはり素晴らしい物語だったと何度も頷きながら読んだ。

読者

Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Icon user placeholder9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a713441b9e00a 068b 464c 83a6 777b6ab8d9544c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b535ab6794 f7db 4a99 a731 c1d6150305e1 248人

平野啓一郎の本

ある男

ある男

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「大祐」を巡るサスペンスが主軸ではなく、「大祐」を巡って弁護士城戸がパーソナリティを逡巡していく話であった。 「大祐」を[許される人間]にしたのは間違いなく「ある男」だと思う。 しかし、「大祐」でなければこの生活を手に入れる事は出来なかったことも確かだ。 人にとって愛にとって、過去とはどういう意味を持つのだろう。 城戸が山の「大祐」にかける一言が暖かい。

約1か月前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f600c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae 24
日蝕・一月物語

日蝕・一月物語

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

「決壊」を読んだので、上手いとは思うのですが、もう少し痒いところに手が届くように、私が好きな作家さんになりうるのかどうなのか?を判断するために処女作を読む事にしました。私はたいてい最初の作品にその作家さんの何かが出ていて、それを読む事で好みや傾向が分かる気がするのです。これ以上追いかけるに値(もちろん私の嗜好にとって、という事ですが)するか否か?という点を判断するのには1番売れた作品よりも、最初の作品なのではないか?と考えます。 で、感想と致しましてはこれ以上強く追いかけたいとは思いませんでした。またオススメではないのですが、私の感想を。 15世紀のフランスを舞台にある一人のカトリックの僧がフィレンツェを目指す途中で立ち寄った村で錬金術師と出会うのですが...という滑り出しなのですが、古い漢字か、当て字なのか分かりませんが全編古い字を使ったことで情緒は出ていますが、読みにくい。時代感溢れる演出ですが、もう少し上手く出来ないものか?とも思います、読みにくいことだけが良くないのではなく、読みにくさがあったとしても得られる何かの方が大きければ何の問題もないのですが、私にはデメリットの方が多く感じました。また、どうしても「薔薇の名前」が頭をよぎる構成といいますか、展開でして、「なんかどこかでみた」とか「似たような展開を何かで憶えてる」とかを感じさせます。意図したものではないかも知れませんが、そんなちょっとした違和感や演出がどうしても「読ませたい物語」よりも「びっくりしてくれた?けっこう上手いでしょ、私」的なる自己顕示欲に見えてしまう(もちろん私にとって、です)のです。これは技術的問題で、最初から上手い人はいないのでしょうけれど、その加減が私には鼻につく作家さんである、という傾向を感じ取れたので、しばらくはもう良いかと。でも、誰かからススメられると読んでしまいそうではあります。特別毛嫌いする程、耐えられない程ではありませんが、2作品だけで私の中の平野さん桶の中には水がいっぱい溜まってしまった感じです。 なんとなくこうして自分の文章にしてみると、「決壊」で感じた違和感がここでも感じられるのは自分でもびっくりです。引き寄せるチカラ、読ませるチカラは間違いなく上手になっていますし、文体もまるで違うにも関わらず。でも、もしかすると、ただの私の好きな幅が狭いだけなのかも知れませんけれど。そうだと嫌なので、できるだけいろいろなモノを読んで行きたいと考えていますし、せめて読んでから批判したいとは考えていますが。 特にオススメではないのですが、「薔薇の名前」の世界が(映画でも、本でも)お好きな方に、ヤヤスメ(ヤヤ、オススメの略ということで)します。 ところで、帯に『三島由紀夫の再来』って形容されているのですが、それって凄いですよね、やるな、新潮社!と思いました。売りたいぜ!って鼻息が感じられます、ストレートで凄い。 2008年 10月

1年前

ウェブ人間論

ウェブ人間論

8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

「生まれた時に放り込まれたコミュニティ」で交わされる言葉や価値観と同時に、ネットの世界のあらゆる場所の人々と交流する言葉や価値観に影響されながら、成長してゆくことになる。どこに住んでいても考え方が均一化されていくのは怖い。突き抜けるチカラを磨き続けなければ〜

約2年前