516p9pjz5nl

3業界、7企業、26チームへの1万2000の日記調査から、「やりがいのある仕事が進捗するよう支援する」ことでチームやメンバーの創造性と生産性が高まることが... 続き

コメント

事例が多いのは好みが分かれるところですが、感情と認識とモチベーションというマネジメントの基本がわかりやすく、納得度が高い。
これからの人も今マネジメントする立場の人も必読かと。

その他のコメント

本書では「インナーワークライフ」というあたらしい概念を持ち出している。インナーワークライフとは、個人が内面で感じる仕事体験の満足度と言い換えることができ、それは、認識と感情とモチベーションの相互作用によって形成される。そして豊かなインナーワークライフは、その人の生産性、創造性、コミットメント、同僚性(collegiality)を向上させるとしている。

タイトルである「マネージャーの最も大切な仕事」とは、メンバーに於いて、このインナーワークライフを高めることと言っており、そうすれば社内で抱えているメンバーの問題の多くが改善されるとも主張している。

メンバーのインナーワークライフを高める最大の方法は「メンバーに価値のある仕事を与え、それを進捗させてやる」こととしており、それを立証するための事例を様々なケースを基に説明している。

読者

6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d190cd670 1e9c 485d ba4c 1b3f4604c0fdBd12e301 1184 4430 a1d7 5b7fc5e3e8b132156c9a 1a4f 4b89 a3e7 79d6e414e8953a0e11b9 e6e0 4c2f 8e32 18fe7ed4fa50 5人

テレサ・アマビールの本

変革の知

変革の知

0ddd3132 6f3c 41eb a8d0 559acbd02149

Katsuya Furuike

care worker

韓国のインタビュー番組?かなんかの焼き回しで作られた本らしい。『知の逆転』が結構面白かっただけに、期待ハズレで、つまらなかった

3年前