51dybf7b7cl

1990年代末、オークランド・アスレチックスは資金不足から戦力が低下し、成績も沈滞していた。新任ゼネラルマネジャーのビリー・ビーンは、かつて将来を嘱望され... 続き

コメント

その他のコメント

将来有望なメジャーリーガーになるはずだったビリーがメンタルの問題で芽が出ずフロント入りをし、アスレチックをプレーオフ常連チームへと変貌を遂げるドキュメンタリーとなっている。限られた資金の中でビックチームに勝つためには今までの慣習を捨て、違う視点から物事を見ていかなければ勝てないという事はメジャーに限ったことではなく、一般社会にも当てはまることだと思う。ブルーオーシャン的な発想が必要というわけである。確かここに書かれている最中に松井秀喜が移籍をしているはずだが、名前が出てこなかったのには少し残念であった。それを差し引いてもとても感心しながら読むことができた。

統計学で選手を選んで低予算で勝てるチームを作りこむ。一見、非人間的でありながら実は真に優れていながら埋もれている不遇の選手に活躍の場を与えることになる人間的なドラマとなっている。

読者

176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d42347ac90 6cb9 4f1a a0a8 d49a49d89a42D1f1cd11 60f3 4787 8857 512cb8c713f1Bd8d2427 e0a1 4acc 9a51 9dde01215ccb469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3040c1f4a 5718 4ca3 b0ed 54c32f508fc36f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0Cd24db8e e921 4c75 9519 dab3e0acc243 9人

マイケル・ルイスの本

かくて行動経済学は生まれり

かくて行動経済学は生まれり

B67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225

Jun

一年のうちに何回か読書ブームがや…

「人間の直感は間違う」 ダニエルとエイモス。 イスラエル人の二人の心理学者の理論が、行動経済学へと昇華し、並み居る経済学者を退けノーベル経済学賞を受賞する直前までを取り上げたルポタージュ。 いかにして彼らはいくつもの理論を作り上げ、どのような人生を歩んだのか、その過程が繰り広げられます。 彼らの仮説を立て、実験、証明し、新たな世界切り拓いていくという情熱的な生き方に、勇気と敬意を覚えました。 (ちなみに、表紙カバーにある「人の直感は間違う」の内容自体にも、もちろん触れられてはいますが、そこよりも二人の学者の絡み合う人生が主題です) また、本文中には、2017年のノーベル経済学賞を受賞した米シカゴ大学のリチャード•セイラーのインタビューも登場します。行動経済学者からの受賞者ということで、ダニエルとエイモスの業績にも再びスポットが当たるのではないのでしょうか。 やりたいことが見つからない。漠然と進路を決めたものの周囲に流され日々すごしている。どうやったらいまの殻を破れるかわからない…そんなモヤモヤした生活を送っている方は、一度手にとってみるといいのでは…そんな本です。

1年前

0df5f4d3 7eba 4a66 a641 4541c100da519bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edIcon user placeholder 9