51fibvgijql

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線"はやて"に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜... 続き

コメント

殺し屋シリーズ二作目。グラスホッパー→マリアビートル→AXの順に読むべき。(自分は順番を読む間違えたので、ちょっと後悔)

冷静で読書家の殺し屋「蜜柑」と、きかんしゃトーマスを愛する殺し屋「檸檬」は、峰岸の息子と謎のトランクの護送を依頼される。腕は良いがとことん運が悪い殺し屋「七尾」は、トランクを奪うよう依頼される。そして大切な息子をビルから落とされたアル中の元殺し屋「木村」は、悪意に満ちた中学生「王子」に復讐しようとするも、息子を人質にされ囚われてしまう。東北新幹線はやての車内で、5人の思惑が交錯する。

周りで起こる出来事や、出くわした人物をきかんしゃトーマスに関連づけて説明しようとする「檸檬」がなんとも魅力的なキャラクター。特に黒いディーゼルのシールを「王子」に貼り付けていたくだりは最高だった。

ハッピーエンドなのにどこか切なさが残るラストシーンは、伊坂さんの真骨頂。胸にジーンとくる話です。

「蜜柑、おまえもだ。俺もおまえも、死んでも絶対、生き返る」

グラスホッパーに出てくる人物も登場してちょっと親しみを持ちながら読みました。
王子の考え方がとても怖かったけど、とても面白かったです。

まさに伊坂小説って感じでした。
ゴールデンスランバーなどの最近の作品よりも、重力ピエロやラッシュライフ、グラスホッパーなどの昔の作品のほうが好きだった私には嬉しすぎる話でした。
しかし伊坂先生は本当、生理的嫌悪を催すような腹の底からの悪人書くのが本当上手い。
登場人物的には天道虫と果物が好きでした。いいですね殺し屋ズ。
あとちょこちょことグラスホッパーにリンクしていて嬉しかったです。

読者

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8d1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Ba7e8786 8c1f 450b 9218 b7f36e68a83a 11人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

5日前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder 26
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

約2か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d549 19