51ze17egx0l

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は疾走する! 『グラスホッ... 続き

コメント

映画にもなった、グラスホッパーのシリーズ作品。大好きな殺し屋シリーズ!
2017.7.28にシリーズ最新刊「AX」が販売されるらしく、ワクワクが止まらない。

伊坂作品の殺し屋は、とにかくコミカルに描かれていて、不穏に始終することなく、楽しくミステリーを読めるところが大好きです。
この作品で言うと、蜜柑と檸檬の殺し屋コンビはとても楽しい。これは、読んで楽しんで欲しいなぁ。

その他のコメント

東北出身としてはどきりとする新幹線。ついつい北へ向かう新幹線の中で、もしかしたら今もこの車内のどこかで・・・なんて想像してしまいました。
ラストの、決めてくれた、あの人たちが、かっこよすぎる!!!!さらりと、でもやる時はガッチリやるんですっていう、あんな人になりたい。

読者

5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b41379494ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb24264bb96 7df7 45c8 aa4f afd0e63b5fa94c412943 1757 438d ac15 338661518ed970dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb550756439F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e136838d351b00 fcd1 43c6 a954 213513da572cE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e 144人

伊坂幸太郎の本

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

約2か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d549 19
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

3か月前

Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a70dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb5507564399e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 18