Btn appstore Btn googleplay
51bsw6zf%2bkl

コメント

“少女たちは歩みつづけた。
自分にしかわからない話をしながら、
それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。”

生きるってそういうことな気がした。
わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。
2018.9

読者

Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Icon user placeholderE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718 3人

川上未映子の本

夏物語

夏物語

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

序盤の話がイマイチピンとなくて、話に入り込むのにちょっと時間がかかってしまった。主役の背景を描き出すためのプロローグがちょっと物語が散漫になってしまった印象。 ただ川上未映子さんらしいテーマで、自分の生活、人生観について考えさせられることが多かった。心理描写や風景描写がとても豊かで、重たい話題も軽やかに読み進めることができたし、問題のところにはズバっと切り込む強弱の付け方は素晴らしかった。 関西人だったらもうちょっと印象違うのかも。

約1か月前

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f73489C17764f5 f07b 4835 8cbc cb8d8e02b2d5 23