Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61kz9pv4frl

コメント

《任俠》シリーズのスピンオフ
でも 阿岐本組の皆さん は一切出て来ない

読者

Icon user placeholder

今野敏の本

棲月: 隠蔽捜査7

棲月: 隠蔽捜査7

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

初巻の頃の竜崎を彷彿とさせる内容だったにもかかわらず。大森署で経験を積んで変化した、竜崎伸也を堪能した。正論を言う人間は胡散臭いはずなのに、竜崎は正論で生きてそして、事件を解決しちゃうんだなぁ。正論はもちろん現実的にはズレていることも多く、それが顕著に表れる家庭で、妻が言葉を咀嚼しながら会話するのが微笑ましい。事件の内容より、竜崎のキャラクター推しの巻ですが、満足です。次巻の竜崎がとっても楽しみ。絶対揉めるって。笑

5日前

サーベル警視庁

サーベル警視庁

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

現代の刑事モノで人気の作家が初めて挑んだ時代モノ、けっこう好きな作家なので手に取ってみました。時代モノといってもまだ西南戦争から間がない発足したての警察が舞台。伝法な物言いの元幕臣ではという刑事部長の下、個性豊かっぽい刑事たちが事件に挑む。事件は忍ばす池に浮かんだ帝大教授の死体、調べを進めると大きな闇につきあたって、という話。元新撰組で警視庁にも在籍していた斎藤一まで出てきて実力派の作者らしく面白く読ませるが...それぞれ面白そうな刑事たちのバックグラウンドなどには殆ど触れられずちょっと不満が残る。これもシリーズ化しておいおい取り上げていこうということか、などと思ってしまうのはちょっと読者としてひねすぎだろうか...

2か月前

任侠学園

任侠学園

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

泣ける。。。 ヤクザとは。。。 前作に続いて傑作だ!

5か月前

9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b66Aee2b7f4 2bac 4088 9ade ca4e5a9a778fEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6