51woz9ks%2bkl

コメント

不動産系の実用本。マンション特化型で、それなりに役に立ちそう。

ただ、どうしても書き手が現役バリバリの業界人だったりするので、「不動産業界にはこんなに悪い人がいますけど、僕たちは真摯に良いビジネスやってますよ!」的な我田引水スタイルになりがちで、それがなんとも胡散臭く思えてしまうのが難点。

必要に迫られて読んでいるので、とりあえず類書をあと数冊読んでみるつもり。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

新刊

ゲームの王国 下

ゲームの王国 下

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第31回山本周五郎賞、第38回日本SF大賞受賞。 時代が50年ほど飛び、「脳波ゲーム」に突入してしまって、混乱。SF色が濃くなっても、上巻と似た色を感じたかったなぁ。「山本周五郎賞」だからと手に取ったけれど、やっぱりSF苦手だと再確認。

約2時間前

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a
みそ汁はおかずです

みそ汁はおかずです

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7

さるとびさすけ

元パート書店員

QOLが上がります。 もう一度言う‼️ クオリティオブライフが上がります‼️ 生活の質があ〜‼️ 味噌汁に真面目に向き合った本。 初心者でも作れます。 味噌汁が美味しく作れたら…(始めに戻る)

約7時間前

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/6/18読了 シリーズ完結編。野々宮家の代々受け継がれるものを、鹿乃もまた次代へと受け継いでゆくんだなーという象徴的な話が前半。多分この話が実質的な完結編。 後半は、これまでにも数話あった良鷹がメインの和風ホラーっぽい番外編かと思いきや、普通に本編に合流して、なるほどこの流れでまた新しいシリーズが始められる要素もあるなと思ったり…。

2日前

Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b
僕たちのインターネット史

僕たちのインターネット史

7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

インターネットの黎明期から現代に至るまで、僕たちの中の誰かがインターネットをどのように捉えていたのかを軽やかに語ってくれる。 蛇口を捻れば、水が出ることを不思議に思わないように、デジタルネイティブも、またその仕組みに関心を抱くことはないという指摘は、当たり前だけどその通りだと思う。 人々がサイバースペースに夢をみていたこと、生命の原初のスープとしてのインターネットから、細分化されブラックボックスとかしたインターネットの在り方を知ることで、僕たち一人一人が、独自のパースペクティブをもって、歴史に1ページを書き加えることに意味があるのだと語ってくれる。 時化のときも凪のときもある情報の海原を前に さて どこへ行こうかしら ネットは 広大だわ

2日前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b