51fcoid7mol

序章 マーケットの進化を捉える意義 1 本書の内容と目的 2 市場経済の源流 3 市場経済に必要な条件 第1章 神仏とマーケット 1 律令制の二側面:指...
続き

コメント

その他のコメント

主に日本経済史の本ですが高校の時に日本史専攻でなかった私でも流れがよく分かりました。
市場の歴史を掘り下げる事が現代のマーケットを思考する事に繋がる、大変面白かったです。

読者

0e234452 d5e0 4768 85d3 85accc6c85d6014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86B81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbd9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f378 6人

ビジネス

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

4975bfa9 6db8 4b67 9bd6 a482578fb705

アキラポン@akira

28歳/男

この本に書いてあることを理解するにはまだ知識と経験が足りないと感じました。それでも点で少し理解できることはありました。今まで、アホと戦いつつづけてきました。結果、自分は潰れました。力不足だったかもしれませんし、自分もアホなのかもしれません。人間関係における新しい視点を知ることができたので少しずつ活かしていければと思います。職場にアホがいる人にはお勧めです。

約1時間前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a327975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c412b84b68c 2360 4cef a568 071180d9d93d 55