51g8xv4hfwl

コメント

犯人は誰なの?
犯人は薄々気づくが、犯人に対しての理由付けが後出しジャンケンみたいでイヤらしい。

文字通り、目と鼻の先に犯人がいた!

うーん、意外。なんとなく解りかけたけど、あーって、感じ。好みが分かれる作品だな。

面白い。
でも、このトリックはいただけない。

帯に書かれてるほど、衝撃のラストではないです。
期待しすぎるとガッカリします。

読者

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c732df5818 6843 4718 8cdd 5ad411de8b43 12人

文庫

ぼんくら(上)

ぼんくら(上)

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/21 読了 『歴史・時代小説 読みくらべガイド』からの時代小説。そして久々の宮部みゆき。鉄瓶長屋を舞台とする連作短編集。一つひとつの事件がひとつにつながり、いよいよ同心平四郎が動き出す。

約5時間前

67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a4c4b4301 a2a3 43aa 91c9 bb93f0a5a673 9
若様とロマン

若様とロマン

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/5/21読了 江戸の頃からまだ変わらない部分と、明治という新しい時代に最適化するために、劇的に変化した部分と。 未だに良妻賢母的な昭和の価値観を一部引きずりながら、社会的にも活躍することを求められる女性の生き方って、昔から変わらないんだなぁ。沙羅さんの意思の強さを少し見習いたい。

約8時間前

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

米原さんはとても強い人だ。 共産主義者の父のもとに生まれ、プラハのソビエト学校で長く少女時代を過ごした著者による(たぶんほぼ)ノンフィクション。 ソビエト学校の友人たちとの懐かしき日々の記憶を丹念に描く。 そして彼らの居場所を執念で突き止めた先で、 酷くも愛らしい、非情な現実を知る。 悲しい。しんどい。 でも、この歴史を忘れちゃいけない。 歴史の下で生きざるを得なかった人たちの健気さを、なおざりにしてはいけない。

2日前

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a61e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 44