51g8xv4hfwl

コメント

面白い。
でも、このトリックはいただけない。

その他のコメント

犯人は誰なの?
犯人は薄々気づくが、犯人に対しての理由付けが後出しジャンケンみたいでイヤらしい。

文字通り、目と鼻の先に犯人がいた!

読者

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c732df5818 6843 4718 8cdd 5ad411de8b43 12人

文庫

月は無慈悲な夜の女王

月は無慈悲な夜の女王

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

古いSF。 『月世界は、長い間地球の植民地として搾取され続けていた。しかしそれは終わりを迎える。月は独立を宣言したのである!!』 的な物語。ガンダムっぽいが、ガンダムの方が後のはず。 独立物語として思った以上に真面目に語られており、「スパイがいても被害を受けにくい革命組織の作り方」とかを真面目に(長々と)語っているので、少々退屈な部分もあり。 それ以外は、古いSFだから2076年の未来にソ連が健在だったり。 一番魅力的なのは自我を持った巨大計算機、マイクの存在だった。自意識を持ったAIにはやはり魅力を感じる。

2日前

54f3a670 9881 41a9 bec3 80e2062073baAkiaivjyeuyp25rambwaA18a72a3 70a1 4ee7 9d4e a49183f61a70 21
フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理

60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b

Akamatsu

昼休み読書

数学の証明までAIにとって替わられる可能性があることに驚き。本書の中で、有限・無限の説明や数の奥深さが人間ドラマを交えて書かれており読み進めることで、数学における証明の尊さやそこに至る過酷さが感じられて面白い。 数学の難しい話はほとんどわからなかったが、わからなくても面白い、逆に経緯について集中できるから読みやすいのかもしれない。どこまで数学的な情報を載せるか、どこまで削るかの調整がうまい。

2日前

21432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb8Icon user placeholderIcon user placeholder 101
終末のフール

終末のフール

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/07/19 読了 「死」を扱った「生」の話。自分なら…と、その状況を想像する。はたして、ここに描かれる人々のように泰然としていられるかどうか。

2日前

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a21432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb86327ad74 9f14 4b3f 9e07 0d7c7c88925e 116
あまからカルテット

あまからカルテット

D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12

alice

本の中が私の幸せ。

普段は繰り返し読まないけど、2回目読了。楽しかった!できれば、4人の今後も垣間見たいものだ…特に、満里子サマ。

3日前

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec6c2fe14b 38bf 4ef6 a27a f10bbcb053f1F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 48