31my35dg3jl

ダヴィデ、システィーナ礼拝堂天井画、「最後の審判」などで知られるルネサンスの巨匠ミケランジェロ。彫刻や絵画のみならず、建築、素描、詩篇にいたる超人的な芸術... 続き

コメント

芸術家ミケランジェロについての、作品の説明。
コスモスを大事にするレオナルド・ダヴィンチとの対比で、ケイオスを重視するミケランジェロという形で描かれている。

中公新書としては、正直出来があまり良くない。
図の参照が前に行ったり、後ろに行ったりと、いちいち見返すのが面倒くさく、すんなりと進めない。

内容も史料の裏付けが少なく、作者の私見なのか、ミケランジェロが本当にそう思ってたのかが分かりづらい。

知名度の割にミケランジェロについて書かれている書籍はそんなにない気がするので、そこに良かったが、全体的に不満が残る内容。

読者

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faC42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

新書

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

家族が読んでいたのを拝借&読了。 要点は最後の章に書いてあるが、既出のことは省いてあるので、全部読んだ方がいい。 劇的に改善された症例が挙げられているので、うっかり「誰にでも当てはまる」と思ってしまいそうだが、それが全てではないことを念頭に置いて読む注意深さはあった方がいいと思う。鵜呑みにしすぎない、ということは大方のことには当てはまることだけど。 採血項目名や薬剤の名前ポンポン出てくるので読みにくいようなら、割と読み飛ばしてもいいかも。 女性の体が鉄不足になりやすいことは事実だろうし、鉄分は人体にとって間違いなく重要な分子だけど過剰になるのも良くない。女性の場合は定期的に排出されてしまうから過剰にはなりにくいんだから、過剰については心配せずタンパク質と鉄分を意識的に摂取していくべきだ、と読み取ったけど、医師が書いたもので別の立場を取る人もいるので、正直、一般人としては悩ましいところ。 自分の体で試して、慎重に観察して、自分の体質や生活スタイルに合った食養生をしていくのがいいのでは、と思っているので、まずは試してみようと思う。肉と魚を多めにしてみる。

3日前

戦国武将

戦国武将

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

いかにかっこよく死ぬかが評価のバロメーター、そんな価値観は戦後の日本人にはとても無理です。

3日前