31my35dg3jl

ダヴィデ、システィーナ礼拝堂天井画、「最後の審判」などで知られるルネサンスの巨匠ミケランジェロ。彫刻や絵画のみならず、建築、素描、詩篇にいたる超人的な芸術... 続き

コメント

芸術家ミケランジェロについての、作品の説明。
コスモスを大事にするレオナルド・ダヴィンチとの対比で、ケイオスを重視するミケランジェロという形で描かれている。

中公新書としては、正直出来があまり良くない。
図の参照が前に行ったり、後ろに行ったりと、いちいち見返すのが面倒くさく、すんなりと進めない。

内容も史料の裏付けが少なく、作者の私見なのか、ミケランジェロが本当にそう思ってたのかが分かりづらい。

知名度の割にミケランジェロについて書かれている書籍はそんなにない気がするので、そこに良かったが、全体的に不満が残る内容。

読者

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faC42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

新書

悩む力

悩む力

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

悩むことが、いいことなんだって思えた一冊です。 わたしがこの本を読んだのは、中学生のとき。ちょうど、毎日、いろんなことに悩んで、苦しい時期でした。 「自分ってなんてネガティブなんだろう?」「毎日つまらないなぁ」「どうして、生きているんだろう?」 暗いことばっかり考えていて、それが分かっているから、とても無駄なことに思えて。 でも、悩んだ時間も、自分の人生です。 「悩む」って本当に凄いことで、力なんだって、肯定的に思えるようになりました。この本を読んでから、悩むことが怖くなくなりました。 この間、知人から、すてきな言葉をもらいました。 「生きているから、不安があるんだよ」 不安があるっていうのは、生きている証みたいです笑

3日前

927abe86 38ac 4bd7 a8f5 54ed975c49f2Icon user placeholder2e3d001c a13e 4b6c b522 8d3de646fe2f 29