416manhvepl

歌を愛し、吟遊詩人を夢見ながらも、唄う能力を欠いた19歳の少女シオリ。 唄うことを禁じられ、心ない者たちにその純粋さを弄ばれても夢を抱き続けるシオリに、運... 続き

コメント

前半はなかなか乗り切れず、『嫌われ松子の一生』みたいになるのかなあと思っていたら…。後半、とんでもない展開に! まさかのスーツケース◯◯! 感傷的なラストは好きだけど、ちょっと主人公についていけなさすぎた。。

その他のコメント

未読だったので、気晴らしに読んでみた。ん?ん?って思いながらも、展開にはびっくり。

読者

94aeda49 8d03 4afc 8c65 b8c05032eeb201c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020

阿部和重の本

キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

1年前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe04850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 17
小説の家

小説の家

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

約3年前