516yrqhugll

『最後のトリック』の著者による、多重解決の極北!  ある屋敷で起こった不可解な殺人事件、これに挑むのは いずれも腕に覚えのある〝ミステリ読みのプロ〟たち。... 続き

コメント

あるミステリー小説の犯人をミステリーオタクたちが回答者となって当てる、というテレビ番組という話。問題の小説とテレビのスタジオでのやり取りが交互に登場する。読み進めると、これが単なるテレビ番組ではないことが徐々に分かってくる。ラストは予測できる部分もあるが、ミステリー小説らしいまとめ方に、ミステリ好きなら思わずニヤリとなってしまうのでは?

読者

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2158dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6bDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007Icon user placeholder5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb2f029d74 4f6b 488c aa53 01757c1e3f3077d35146 b1cc 4ee4 969c 003660bddc65 7人

深水黎一郎の本

虚像のアラベスク

虚像のアラベスク

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

とても詳しくバレエの事を紹介していますが、探偵の活躍はあんまりなくて。。。もっと探偵さんに活躍する内容がよかったな。「グラン・パ・ド・ドゥ」はなんだかもう、コレはどう考えてもおかしいでしょうって展開で、笑って読んでいいのよね?

12か月前

美人薄命

美人薄命

5fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3f

とこぽぉ

よろしくお願いします

目次センス抜群 面白くて切なくて… ばぁちゃん長生きして欲しかった タイトル通り美人薄命

約3年前

865cffbd 731a 4678 951e b461b44050058165284f 4c81 455d 9213 56f285858dea