51irh%2bxz8rl

「ポスト・アメリカ」世代の類い稀な想像力  飛行機のハイジャック、ゾンビといった21世紀的モチーフのみならず、ページをめくる度に予測不可能な設定が飛び出... 続き

コメント

メキシコ系アメリカ人、マヌエル・ゴンザレスのデビュー短篇集。1編目の「操縦士、副操縦士、作家」は、ハイジャックされた飛行機が20年間同じ場所を旋回し続ける話で、抜群に面白い。「音楽家の声」「セバリ族の失踪」「キャプラⅡ号星での生活」さらに「奇特なる人生」のシリーズもひじょうに好みです。
嘘や思い込みが、どういうわけか真実として世間に定着してしまう。面白味のない真実よりも、魅惑的な嘘を信じたくなる。模倣が本物を超えることへの違和感、何かがズレていると知覚しながらどうにもできないもどかしさ、喜劇のような悲劇。そんなこんなを見せられて、読んでいるあいだは大変に落ち着かない気分になりました。読書でほっこりしたい人にはまったくお勧めできない本です。

その他のコメント

小型化部門(でも何を小型化するのかは分からない)で働く男の妻が思いがけなく小型化されてしまったり、ハイジャックされた飛行機が20年間ダラス上空を飛び続けていたり、奇想天外なんだけど意外に日常のありふれた風景からのズレみたいなものを感じさせる。

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd62a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f438e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18230394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 7人

文芸

静かな雨

静かな雨

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

たい焼きが食べたくなる。困難はあるけれど、穏やかであたたかい話。もう一編の日をつなぐは、いろいろな人の感想を聞きたい。

約5時間前

血みどろ臓物ハイスクール

血みどろ臓物ハイスクール

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

店頭で開いて「なんじゃこら?」ってなって、発表年見てさらに「なんじゃこら?」ってなった。小説、人生、自分のうちから飛び出てくる臓物を紙ではさんで人の目に触れるところに、出す。誰もが持っているけど唯一無二の自分の臓物を。

約11時間前