51fspm27uvl

20年ぶりに会う大学の先輩である辻堂から、妻が離婚に応じないと相談された弁護士の横手皐月。辻堂は愛人のマンションに転がりこみ、ヒモ同然の暮らしをしていた。... 続き

コメント

はじめはワチャワチャと話が進んでいくような印象だったが、やはりどんでん返しからの伏線の回収がすごい。

元弁護士の作家さんなので、弁護する側の盲点をうまく突いた作品で、とても面白くグイグイ引き込まれました。でも…最後は少し納得できないなぁと。もっと違う選択を主人公にはしてもらいたかったなと思ってしまいました。

読者

90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a153aca13 b907 4b24 85fe f172426c041f3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 6人

深木章子の本

敗者の告白

敗者の告白

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

最初から引き込まれる。ちょっと貫井さんの「愚行録」を彷彿とさせるけど、面白い。

1年前

7f27c242 23af 4370 b39f ad93415b2bd3Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788 21
鬼畜の家

鬼畜の家

B1c08034 1b0f 4055 973d bd18404040bf

kei

読書

「おとうさんはおかあさんが殺しました。おねえさんもおかあさんが殺しました。おにいさんはおかあさんと死にました。わたしはおかあさんに殺されるところでした……」 保険金目当てで家族に手をかけてゆく母親。 巧妙な殺人計画、殺人教唆、資産の収奪……

2年前