4130o1rvisl

2015年、私は全国の中学校を飛び回った。超難関として全国にその名を轟かす兵庫県の灘中学校や、福島第一原発事故の影響で避難生活を余儀なくされている福島県飯... 続き

コメント

世代交代が未来の鍵。子供たちだけではなく、50代前後の人たちにもぜひ読んでほしい。常に新しい発想を持ち続けなければ、衰退するのみ。新たな脳みそに、予測もできないような感動が隠されている。

この本を読んで、よく知る世界の偉人たちの知られざる姿をみた。

ナイチンゲールは統計学を利用して、政府に戦場の感染症の重要性を説明した。森鴎外は陸軍であり、ドイツ医学を学ぶ。一方の高木兼寛は海軍であり、イギリス医学を学んだ。当時この2人が取り組んだ脚気対策は異なり、エビデンスベースト(根拠に基づく医療)を実施せた高木の栄養不足説が正しかった。カレーライスが脚気予防の洋食として、海軍が取り入れたと言うから驚きだ。

コペルニクスは地動説の発表を決意したのは、30年後だと言う。ようやく決意するも、生きているうちに地動説は社会に出せなかった。さらに驚いたのは、ローマ教皇とカトリック協会が天動説ではなく、地動説を認めたのは1992年!日本で言えば、平成になってから。すでに月面着陸、スペースシャトルが打ち上げられているにも関わらず、認められていなかった。

新しい女性像のルールを作ったココシャネル。「私は誰のものでもない、と言える喜びは素晴らしいわね。わたしの主人は私で、もうだれも必要としないし、頼ってもいないの」と言える彼女はかっこいい。

そして、鉄の女と言われたサッチャーには、影でささえてくれる夫デニスの存在がいた。この本の章で描かれる影で主役。伊能忠敬は天文学に関心があった。そして高橋至時という若い師匠がいた。伊能忠敬については、日本地図を作ったことしか知らなかった。

14歳に向けての教養本だけど、大人も大いに学べることがあると思う。

偉人のエピソードが面白かった。

読者

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5205aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beF28601de c516 4900 a6bd 81e2653b258a9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c9a1e5511 d720 464c a9bf b2ad8594ac190023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cC29c4e7f 726a 434d 8be5 ff4d6606931f 44人

瀧本哲史の本

武器としての決断思考

武器としての決断思考

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

意思決定において役立つのは「ディベート」の考えかた。→ディベートでは、あるテーマに設定して、(たとえば原発や首都移転問題など)、それに対する賛成意見と反対意見を徹底的に戦わせる。自分の立ち位置は直前にくじで決める。賛否両論を自分の頭のなかで整理する。

1年前

2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cIcon user placeholderEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f 20
戦略がすべて

戦略がすべて

97f26bce 7987 4287 a2d2 755d5ad53dbc

miffy

高校生

父が貸してくれた。世の中の様々な事象(ネット炎上・大学入試・タレントその他諸々)について分かりやすい例とともに考える本。一つのテーマごとそれぞれがすごく濃い内容になっていて良かった。落ち着けるし、通学中に読むのにいい本。 2016-06-21

約2年前

2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae 12
読書は格闘技

読書は格闘技

656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d

Sho

本はシアワセ!本に溺れてしにたい…

本が読みたくなる本。なんちゃっての押し付けな書評本も多いけどこれはなかなかのおすすめ。

約2年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113A971fc21 d0fd 4075 91fc eb1e666a499560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d 9