Btn appstore Btn googleplay
51x9wm r6ul

憧れのアイドルやスポーツ選手に会いたい、ディズニーランドに行きたい、NASAに行きたい、自分の絵本を作りたい――。「難病の子どもたちの夢をかなえる」ボラン... 続き

コメント

これは、メイク・ア・ウィッシュというボランティア団体の理事の方が書かれた、どんなボランティア活動をしているのかが記されている本です。
メイク・ア・ウィッシュは3歳から18歳までの難病と闘っている子どもたちの夢を叶えるボランティア団体です。全世界に支部があり、この本には日本支部でのお話が書かれています。

私自身がメイク・ア・ウィッシュを知ったのは小学生の頃でした。当時読んでいた「ちゃお」に、水族館でイルカの調教師になることを夢見る女の子のお話が掲載されていました。彼女はイルカと泳ぐために水泳部で毎日頑張って泳いでいました。でもある日足を痛め病院に行くと癌が発覚。彼女は片足を失ってしまい、失意のどん底に突き落とされます。彼女の友達はどうにか友人に元気を取り戻してほしくて、調べを尽くしメイク・ア・ウィッシュに彼女の夢を叶えてほしいと頼みます。「足がもとに戻らないとできない」と思い込んでいた、「イルカと一緒に泳ぎたい」という夢。それをメイク・ア・ウィッシュが一緒に叶えてあげるよと手を差し伸べ、遠くまでイルカと一緒に泳ぎに行くお話でした。
大雑把な概要ですが、幼いながらにものすごく心打たれたことを覚えています。

あれから時は流れすっかりその存在は忘れていたのですが、この度本屋さんでこの本を見つけ、懐かしくなって購入しました。
この本では著者がどうやってメイク・ア・ウィッシュと出会ったか、どんな子どもたちと出会い、どんな夢を叶え、どんなふうに生きる活力をもらってきたかが記載されています。

偽善という人もいるかもしれない。意味のないことだと言う人もいるかもしれない。それでも、やっぱり子どもには夢を持ちたければ持ってほしいし、生きている限りその夢を大事にできる人生であってほしい。
そんな思いで、アプリが開かなくてずっとコメント書いてなかったのに、ネットからでもいいから書きたくなって、こんなにズラズラ書いてしましました笑
著者は自分のことを種まきおばさんだと言います。このコメントを読んでくださる人はごく僅かだと思いますが、そんな種まきの一助になれますように。届くべき人のところへ届きますように。

読者

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

ノンフィクション

飼い喰い――三匹の豚とわたし

飼い喰い――三匹の豚とわたし

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

SNSで知った作者。どうしてそうなったのか、は追って他の作品も読んでいかねばならないのだけれど世界の屠畜場を回ったルポルタージュを書いた作者が屠畜場に至るまでの家畜の状況を知るために実際に豚を飼って屠畜しそれを食べるところまでを綴った本。巻末に作者の写真が掲載されていて驚いたのだけどほっそりした方で、ほんとにこんな女性が巨大な豚を三匹も一人で飼うことができたのか!?という印象。挿絵というか説明図もいくつか書かれているのだけどそれは緻密で繊細な印象でなおのことびっくり。地元の農家や業者さんたちの協力があったとはいえ養豚が盛んな千葉県旭市で廃屋を借り、実際にそこを豚小屋件住居に改修し、子豚をいちおうは出荷できる状態にまで育ててしまう行動力には驚かされる。法律が許せば実際に屠殺も自分でやったんじゃないのか、という勢い。とはいえ名前を付けてそれなりにかわいがっていた豚たちが殺され解体されるところも見届け料理人にも渡りをつけて実際にその肉を食べる会を催すとか尋常ではない。昨年「生き物を殺して食べる」という似たような趣の作品を読んだのだけどそっちは狩りが主であったりちょっと文化の違いがあってリアルに感じるのには無理があったのだけどこれは日本での話だけにやはりリアル。多少なりとも食べ物に興味のある人にはとにかく面白いから読んでみて、とお薦めしたい。

7日前

2abee3b1 71da 4dd8 9205 eb3fa5ad3996314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01Icon user placeholder
それがぼくには楽しかったから

それがぼくには楽しかったから

31d28c82 a899 4eba 97c1 248ab202ca88

やまわき

カバと二条城とBack To

読み応えがあって面白かった。専門的な話も多いけれど、かなりフランクな語り口で割と気軽に読めた。用語の説明も独特で良い

16日前

056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6dCtz m45h normalEf3fd001 ed72 49d6 bc22 3ab69ca26fe8
43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

Kindle Unlimitedにて読了。 2015年に起きた少年による少年の殺人事件について関係者に取材したルポ。被害者、加害者、それぞれの周辺、土地柄などをしっかり取材し事件の起こった背景に迫る。 ただ作者も書いているように、被害少年の父親には密着しているが母親に取材できていないため、致し方ないにしてもどうしても掘り下げが不十分である印象が拭えないのは残念だった。

29日前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a398890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a606cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
死体格差 解剖台の上の「声なき声」より

死体格差 解剖台の上の「声なき声」より

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

法医学教授が自ら多数行なってきた法医解剖から、死と生のもう一つの観点を提供する。「最後のお風呂」、幼子の遺体の解剖、さまざま「死に方」など、率直な思いが綴られており、心を揺さぶられた。

約1か月前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd80e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113