51x9wm r6ul

憧れのアイドルやスポーツ選手に会いたい、ディズニーランドに行きたい、NASAに行きたい、自分の絵本を作りたい――。「難病の子どもたちの夢をかなえる」ボラン... 続き

コメント

これは、メイク・ア・ウィッシュというボランティア団体の理事の方が書かれた、どんなボランティア活動をしているのかが記されている本です。
メイク・ア・ウィッシュは3歳から18歳までの難病と闘っている子どもたちの夢を叶えるボランティア団体です。全世界に支部があり、この本には日本支部でのお話が書かれています。

私自身がメイク・ア・ウィッシュを知ったのは小学生の頃でした。当時読んでいた「ちゃお」に、水族館でイルカの調教師になることを夢見る女の子のお話が掲載されていました。彼女はイルカと泳ぐために水泳部で毎日頑張って泳いでいました。でもある日足を痛め病院に行くと癌が発覚。彼女は片足を失ってしまい、失意のどん底に突き落とされます。彼女の友達はどうにか友人に元気を取り戻してほしくて、調べを尽くしメイク・ア・ウィッシュに彼女の夢を叶えてほしいと頼みます。「足がもとに戻らないとできない」と思い込んでいた、「イルカと一緒に泳ぎたい」という夢。それをメイク・ア・ウィッシュが一緒に叶えてあげるよと手を差し伸べ、遠くまでイルカと一緒に泳ぎに行くお話でした。
大雑把な概要ですが、幼いながらにものすごく心打たれたことを覚えています。

あれから時は流れすっかりその存在は忘れていたのですが、この度本屋さんでこの本を見つけ、懐かしくなって購入しました。
この本では著者がどうやってメイク・ア・ウィッシュと出会ったか、どんな子どもたちと出会い、どんな夢を叶え、どんなふうに生きる活力をもらってきたかが記載されています。

偽善という人もいるかもしれない。意味のないことだと言う人もいるかもしれない。それでも、やっぱり子どもには夢を持ちたければ持ってほしいし、生きている限りその夢を大事にできる人生であってほしい。
そんな思いで、アプリが開かなくてずっとコメント書いてなかったのに、ネットからでもいいから書きたくなって、こんなにズラズラ書いてしましました笑
著者は自分のことを種まきおばさんだと言います。このコメントを読んでくださる人はごく僅かだと思いますが、そんな種まきの一助になれますように。届くべき人のところへ届きますように。

読者

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

ノンフィクション

本屋な日々 青春篇

本屋な日々 青春篇

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

生半可な気持ちで本を売ってはいけない こんな当たり前なことにあらためて気がつきました 彼自身苦悩しながらもこうした厳しい現実を突きつけてくれたからこそです 出会えてよかった一冊です 毎日本を売りながら、本に救われているのだなと しみじみ思いました

12日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Picture
ダーウィン以来―進化論への招待

ダーウィン以来―進化論への招待

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

恐竜学者であり進化学者であるグールドのエッセイ集。ドロシイ・セイヤーズ、グルーチョ・マルクス、ヨハネ伝、遊星よりの物体X、アリストテレスの中庸。これ訳注から。そして、生物進化学の有名な言葉、「個体発生は系統発生を繰り返す」

27日前

バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ

De50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a59048

Chimaki

ミステリー好き、ジョジョ好き、本…

研究者は大変だなと思いつつも自分の好きなことで認めてもらえるのは凄いことだなと。 内容は読みやすくて一気に読んじゃいました。

28日前

B87cbe2c 3b09 4f90 88a7 6dfb32de81c24d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 170