51b qv2nvcl

ふと立ち寄った書店で老婦人が手にしたのは1冊のBLコミックス。75歳にしてBLを知った老婦人と書店員の女子高生が織りなすのは穏やかで優しい、しかし心がさざ... 続き

コメント

何かを好きになることは素晴らしい。
この世の中には人のことをとやかくいう人が多すぎる。
みんながみんな、隣の誰かの好きなことを肯定出来たらいい。

昨今web漫画でよくある「世間では腐女子を隠している女性が仲間と舌戦を繰り広げる」ような会話劇とは一線を画します
この作品でのBL漫画というのはあくまで2人を繋ぎ止める存在に過ぎず、孤独な日常に漫画という楽しみを見つめた75歳と、周囲にいまいち波長を合わせられないBL好き高校生の、決して賑やかではないけれどお互いを尊重する優しい友人関係が描かれています
「また今度があると思ってたのよね」
など、年老いたからこそ出る市野井のふとした言葉にはっとさせられます
饒舌に語るわけではない、でも空気が美味しい漫画です

ハマってるものを共有できる人がいることはしあわせなこと

読者

638b1e14 04ca 409b b722 ec91464dba4b8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012Dd1c0d16 3fc2 426e b569 dc3d1a72249d154178c2 bd10 404f 8f64 c75f94109474B806fd27 b5f4 4a36 a7ec 86bf1368901fC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b768090e80c ce33 4a7c 837a c7ddebbbb213 35人

コミック