51b qv2nvcl

ふと立ち寄った書店で老婦人が手にしたのは1冊のBLコミックス。75歳にしてBLを知った老婦人と書店員の女子高生が織りなすのは穏やかで優しい、しかし心がさざ... 続き

コメント

何かを好きになることは素晴らしい。
この世の中には人のことをとやかくいう人が多すぎる。
みんながみんな、隣の誰かの好きなことを肯定出来たらいい。

昨今web漫画でよくある「世間では腐女子を隠している女性が仲間と舌戦を繰り広げる」ような会話劇とは一線を画します
この作品でのBL漫画というのはあくまで2人を繋ぎ止める存在に過ぎず、孤独な日常に漫画という楽しみを見つめた75歳と、周囲にいまいち波長を合わせられないBL好き高校生の、決して賑やかではないけれどお互いを尊重する優しい友人関係が描かれています
「また今度があると思ってたのよね」
など、年老いたからこそ出る市野井のふとした言葉にはっとさせられます
饒舌に語るわけではない、でも空気が美味しい漫画です

高校生の女の子とおばあさんがマンガをきっかけに喫茶店に行ったりマンガを貸し借りしたり、マンガの作者が参加する同人誌即売会に行ったりする、というマンガ。何のジャンルのマンガか? と聞かれても即答は僕は無理なマンガ。しかし高校生とおばあさんの人生の風景、二人が交流をはじめるきっかけがボーイズラブマンガという点、登場人物たちが予想外のささいなきっかけで人生に刺激が出てくる点など色々見所がある。人間は人生の軸からは簡単には離れられないが、何かしら行動してみると日々の中で何かが変わるということが静かに丁寧に描かれたマンガです。

ハマってるものを共有できる人がいることはしあわせなこと

読者

3eb567f1 9fa4 4bed 83a5 b8c0e6cd556e3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcd6c00976d 2e25 4e04 b632 f4b0ecfd53f5A092c4b9 b320 448a a9d5 55adfb94e1803575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3F64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec8E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a23fbd11a 8368 4a19 9e83 935743bc3b5d 44人

鶴谷香央理の本

メタモルフォーゼの縁側(2)

メタモルフォーゼの縁側(2)

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

高校生とおばあちゃんがマンガがきっかけで交流するマンガ。2巻目でもマンガを買った、読んだと二人が盛りあがる光景がある。その場面は楽しそうですが、高校生にもおばあちゃんにもやって来る未来をどうするか、という問題もマンガの中に出てきます。高校生はマンガを読むだけではなく描くことが、おばあちゃんは住んでいる家にこれからも住み続けるのかという現実が。こうすれば幸せという明確なゴールが見えない中、二人はどうするのか。その部分は僕自身も現実で避けて通れないので色々考えてしまう。あと高校生が幼なじみとこのままの関係で行くのかも気になる。どうでも良さげなのは表面だけなのかと。ふわっとしているようでなかなか気が抜けないマンガです。

約1か月前

3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcdA092c4b9 b320 448a a9d5 55adfb94e180E0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e