510mvcp7zol

コメント

ダ・ヴィンチやエジソン、ヘミングウェイなど、メモ魔だった偉人というものは多い。

この本で書かれているメモ術は、ファクトに、自分なりに解釈した抽象と、そのアイディアを自分の事業に転用できるか、を付け足そうというもの。

ただ、メモってけっこう難しくて。何よりも、持ち歩くのがめんどくさい。自分はメモを持ち歩いていても、鞄が雨に濡れてびっちょびちょのごわごわになって、何冊もダメにしているし、濡れないように袋に包んでいれておくと、めんどくさくなって取り出さなくなる。じゃあ、家に置いておけばいいや、って思うと、なかなかメモを拓くタイミングが無く書類の地層に生き埋めにしてしまう。

じゃあ、スマホでメモを取ろうと思っても、なかなか閲覧性の高いメモアプリっていうのもない。Evernoteは、昔アカウントを取ってはいるけれど、階層がぐちゃぐちゃになってて、めちゃくちゃになっている。Googleカレンダーにメモをしたこともあったけど、目当てのメモを見つけるのがすごく難しい。Keepはメモをするのには良いけれど整理がつけにくくて放置。ScrapBoxもいまいち肌に合わない。

しかも、やっぱり手書きに勝るスピードに勝てるのは、キーボードくらいで、フリック入力で文字を打とうとすると、なかなか上手く打てない。そして、図を書く必要があったときには、手書き入力がなかなか上手くできない。そして何より、人前でスマホを持っていると、まるで話に興味がないように見えてしまう。

携帯性と入力のハードルが高くて、そもそもメモ術以前の問題だということが自分には分かった。。。笑

すっげー持ち運びやすくてすぐに手に取り出しやすくて見返しやすくて、かつ、粗雑にメモを書き殴れる程度に安価なメモ、発売されないかなあ。

自分もそれなりのメモ魔だったが、俺のメモやノートをとるというのは"忘れる為にメモをする"という感覚だった。

それはメモ1.0であり情報整理のみの作業である。

メモの魔力は、メモから始まる"全てを自分ゴトにする"ほどの自分革命を起こす起爆剤となる。

メモしたことを抽象化を経て、自分に引き付けて具体的なことに落とし込むという作業を、メモしたことにどんどん行ってゆくというもので、今までのノート術やら手帳本とはかなり異なる。確かにこういうアプローチに習熟して実践を積み重ねてゆくと、随分違った風景が待ち受けていそう。

メモを取る姿勢(物事をファクト→抽象化→転用の順で思考)の重要性や、メモを取ることで「自分の軸」を明確化することについて学びました。
左脳と右脳の特性を意識したメモの取り方も参考になります。

「伝説の剣を持っていても倒すべきラスボスがいなければ意味がない」との例えは、メモをいかに自分の行動に繋げるかを端的に表してますね!

ツイッター界隈で騒がれていたので、読んでみました。
私もわりとメモ魔な方で、TO DO リストやら買い物リストやら、何かのアイデアやら、いろいろメモします。書くことでアウトプットして、それを読んでインプットして、という効能は体験していることなので、本の言わんんとすることはわかる。
この人のすごいことは「メモ」という何気ない誰にでもできる手段を、より高次元に繋げているメモへの熱量だと思う。巻末の自己分析メモの量!本の中で「変態」と書いていますが、本当に変態の域かもしれない(笑)

読者

97e138a0 59fa 498f 89fc 83dbbe5ed0ffD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe020f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9350b7e7219 50ad 4fac a914 6e2bd0b380cfA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e414e61b7 b363 41f6 a863 4ac875433e5a 102人

前田裕二の本

人生の勝算

人生の勝算

4f42c677 2f1f 4b12 88d4 1be0475bf81d

Bunzo Tonoike

本を読むのが好きになりました

後天的な努力が報われる世界を創りたい。という著者の人生をかけた想いが記されている。 人の出会いって大事。人に好かれるのために人を好きになることが大事って書いてあったことが印象的でした。

1年前

05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71B86318c0 0a99 40a9 9440 5e0a3e7d10be37eb01ef 5669 4eb1 b347 9b7420b6e476 61