51ebzqek9bl

催眠術、マジック、記憶術、コールド・リーディング、NLP…世紀のメンタリスト、ダレン・ブラウンがその仕組みを暴く。 続き

コメント

あけっぴろげに、赤裸々にメンタリストとして語っている。熱心なキリスト教徒だった筆者が、信仰に疑問を持つきっかけが催眠術やマジックだったというのも興味深い。
彼がショーを成立させるために用いている記憶術についてもページが割かれており、当然ながら努力、根気、才能が必要なのだと感じた。

良書。科学的根拠でスピリチュアルを解き明かす。

読者

575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc8255407a1a1 686b 42cb b009 10e5b08ae5cf266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf0794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a33C69bc7fc 828b 4434 9ae6 7762615167ba 5人

社会

心の文法―医療実践の社会学

心の文法―医療実践の社会学

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

感情や記憶は、個人の能力に還元されやすい。その考え方に基づき医療も行われやすいのだが、一方で医療とは、患者と医療者が向かい合い、互いに感情や記憶を交錯させる場面でもある。著者は、診療場面を丁寧に記述することで、感情や記憶というものを説明しようとするときに寄って立つべきは我々の生活そのものであることを述べようとしている。試みが成功しているかというと微妙で、一分で辿り着ける目的地にわざわざまわり道して向かっている気がしてくる読み心地。ものすごく、読みにくい。しかしそのくらい実はたどり着きにくい目的地なのだな。

約10時間前

未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言

未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

NHKスペシャルとして放映された「何故、かい人21面相を逮捕できなかったのか」その原因を当時の捜査員と共に探っていったこの番組は放映当時新たに判明された新事実にこの事件を追ってきたというほどでもないが興味を持ち続けてたものとして驚愕した。そして書籍化されたものを文庫化。文庫化にあたって加筆等は無いのが悔やまれる。事件当時、森永の1,000円パックに喜んでいた子どもからすっかり大人になってしまった身としてはキツネ目の男に職質をかけるかどうか?組織、現場どちらの対応もわかるだけに悩ましい。 事件の主な舞台となったのは先月大きな地震のあった北摂地域、その都心でもなく地方でもない独特の風景が印象に残る。 赤軍とグリコ・森永事件については何年かに一度は本が出るけどついつい読んでしまう弱点。「罪の声」再読しようかな。

3日前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder