51tfzh7hhcl

5年前の惨事-播磨崎中学校銃乱射事件。奇跡の英雄・永嶋丈は、いまや国会議員として権力を手中にしていた。謎めいた検索ワードは、あの事件の真相を探れと仄めかし... 続き

コメント

本が好きになったきっかけの作品。「個人vs国家」という大きいテーマを扱っていると感じたが、社会のしくみについて考えさせられる。知的な登場人物が多く、緊張した場面でもユーモアのある会話でくすっと笑わせてくれるところが多々ある。何回読んでも勉強になるし興味の幅を広げてくれる。名言が多い。個人的には「人生は要約できねぇんだよ」ってセリフが1番響く。人生の中で大切な事は大きい出来事ではなく、日々の会話だったり何気ない日常。その積み重ねがその人の個性を表し、大事な部分らしい。昔読んだ時よりもこのセリフが心に響くようになった。

その他のコメント

何作も出していたら少なからず当たり外れが出てきてもおかしくないのに、
伊坂さんの小説は『オーデュボンの祈り』から外れない、揺るがない。むしろ毎回跳び越えつつある。

「小説」の持つパワーを感じさせてくれる、「小説」の見方が変わるかもしれない作品。

あなたは読む勇気がありますか?

ゴールデンスランバーにも共通する「切迫感」がハンパない。と思ったら、あとがき読んで納得。

読者

1a105b81 789f 410b ab39 4f59745bd3ce242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa6cfe8cbc e6c4 4a92 a1dc fb5f2cf501808f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdA20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749Icon user placeholder2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b 50人

伊坂幸太郎の本

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2019年198冊目。映画を観る前に〜と思って読了。伊坂幸太郎って、読み終わった後に相関図書きたくなるよね。書いて、あ!ここもつながってる?!ってなるのまで全部含めてたのしい。

約1か月前

4582b428 68ee 4f2f 9084 89cc500ba80a20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5204850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef 179
グラスホッパー

グラスホッパー

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

残酷さがある物語ではある。それでもどこか登場人物には善良さを感じてしまう部分が残されている。残酷さと善良さの狭間に立つ普通の主人公「鈴木」も日本で最も多い姓名の一つでもあり、残酷でもないしかし善良さも失った普通の匿名的男性という構造なのだろうか。物語としては面白い。でも残酷。

3か月前

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa38ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Cd048172 2b7a 4b16 bb15 2ae40629923e 24
クジラアタマの王様

クジラアタマの王様

2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0

Ataru

水もしたたる、トキントキンの、O…

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

3か月前

Fefedcb5 011a 481e 90e8 c85bf185f6288210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e 21