51gnga4%2bfxl

脇役の恋に急展開…!? 第2巻では、田中さんが想いを寄せる入江くん目線のお話も収録!正直、1巻よりもキュン度はかなりアップしています!少しずつ近づいてい... 続き

コメント

はあああ(至福のため息)。
一つ一つ丁寧に描かれた「ときめき」のおかげで胸が一杯です。ついついニヤけて声が出ちゃうくらい幸せな気持ちになる。感覚って大事だなぁと思います。「幸せな気持ち」を贅沢に噛みしめるならこの作品を是非読んでください!

読者

Icon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a 4人

コミック

ライク ア ローリング ストーン

ライク ア ローリング ストーン

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

1969年にCOMで連載されていた本作、約50年の時をえて単行本に。ずっと単行本に、という話を退けてきたけれど、ボブディランのノーベル平和賞受賞がきっかけで発刊にいたったらしい(タイトルはボブディランの名曲のまま)。 私小説ならぬ、私マンガの原点とも言われている本書、当時23歳だった著者のほぼ実体験が描かれている。政治の季節の熱っぽい空気感がブワッと躍動的に伝わってくる。 ハードボイルド、学生運動、抜き差しならない生 っぽい恋愛など、著書イメージがモロにあらわれていて凄く楽しめた。 今の大学生くらいの若者達は、この空気感をどう受け止めるんだろう。気になる。 ちなみに、はっぴいえんどの風街ロマンのジャケットを手掛けているのも宮谷一彦です。

2日前