51ijog%2bmkdl

不登校の男子高校生が久々の登校を目前にして自殺する事件が発生した。かねてから学校の責任を異常ともいえる執念で追及していた母親は、校長を殺人罪で刑事告訴する... 続き

コメント

読み始めてから以前読んだ本だと気付いたが再読。

とある高校のバレー部に所属していた生徒が、ある日突然、自宅で短ら命を絶ってしまう。

自殺した生徒の母親は、原因は校内のいじめにあるとして、県、校長、自殺に追いやったとされる生徒を相手取り民事裁判を起こす。

メディアを通じて世間から、バッシングを浴びせられた学校や校長達だったが、それに屈しる事なく真っ向から戦う姿勢を示した。
なぜなら当事者だけが知る真実があったからだ。

内容が濃い。これを読むといかにメディアの報道が、触りだけの部分しか報じていないのかよくわかる。

そして、私のようなアホウが、そのメディアを通じて、簡単に物事を、信じ込んでしまっている事が判明し猛省したくなる作品です。

「でっちあげ」より胸糞度合いは軽いかと思います。

文庫化していたので購入。なぜかこの事件はリアルタイムの記憶が自分になかった。母親側は裁判でことごとく負けたにもかかわらず、母親からの賠償金は未だに支払われておらず、弁護士からの謝罪広告も出されていないそうで、事件を終わらせない意図がうかがえていっそう虚しい気持ちにさせる。

読者

38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2E4f48709 401d 4265 b418 6514a8bf85cfIcon user placeholder63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc3026Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184C7540407 f1b1 4d80 9296 6420952a4a50Icon user placeholder6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339 20人

福田ますみの本