61 d7jxow0l

発行元から

第二次大戦で日独が勝利し、巨大メカが闊歩する日本統治下のアメリカで、石村は違法ゲーム「USA」を追う。衝撃の改変歴史SF

ピーター・トライアスの本

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

ラストは泣きそうになってしまいました。 ディックではないですし、ロボットものでもないです(メカパイロットの戦闘の天才・久地樂はイカしてます) 全体的にやや露悪的なエンタメで読みやすく、本質はバディものでした。最前線で全身傷だらけになりながら軽口を叩くようなハードボイルドさ。 男女のバディでありながら恋愛感が全くないのもいいです。ベン&槻野課員のコンビは強くて、弱くて、怖くて、格好いい。 拷問や悪趣味なガジェット(全自動ロボトミー手術マシーンとか内臓を引きずり出すポメラニアンとか)が多々出てくるのでお食事中には読めないですが、個人的には大好きなノリの作品でした。

11か月前

307feef9 24bf 4511 8ae0 fccfe3cdd39669f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

話題になっていたので購入したが、読み始めたら最後まで一気読みしてしまった。ラノベみたいな感じで会話中心で進み、一つ一つの文章も短いのでサクサク読める。 内容は歴史改変ディストピアSFといったところ。戦術シュミレーションシステムが、ゲームとして民衆に広まった世界というのは面白い発想。あらすじを読んだだけではゲームが何故重要なのかは分からなかったが、ゲーム=高性能の戦術シュミレーション、と考えるとその重要性がよく分かった。 最後のエピローグみたいな部分は悲しくなってくる。でも、そこに描かれたことを前提としてこの小説を読み直したら、また違った景色が見えそう。 残酷残虐描写が多いのでそういうのが苦手な人は注意。 訳が素晴らしい。全く違和感がない。逆にここまで日本語的な文章が原文ではどのように書かれているのかが気になる。

約2年前

C9aac18d d852 4af4 8d36 bceac3897d4e9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8ae