9784791703685

コメント

内沼さんの寄稿「泡」と「水」という視点、「泡」を洗い流すための場所として書店が機能する、いわばハックされまくる日常からのアジールとしての役割を果たすと理解する。いかに「水」を与えられる場所になるのかこれからの書店が目指す道標の一つだ。更にハックされない場所としての書店を考えるときスタンダードブックストア中川さんの対談で出てきた立ち飲み屋併設の書店も面白い。立ち飲み屋は基本キャッシュオンデリバリーだからテクノロジーの入る隙はない。せいぜい店員にコイツの頼むのはいつもレモンサワーとマグロブツだなあと思われるぐらいだ。
奇しくも東西で同じような考えが出てきたことに偶然ではない必然を考える。
昨今立ち飲み屋の隆盛も(単に所得が低くなった可能性もあるが)皆さん、もうハックされるのに飽き飽きしているというかソフトなディストピアに嫌気がさしてるんじゃないかという気もしている。しかしアプリや端末で管理された立ち飲み屋があったらやだなー。資本系でありそうだが。フェイクはダメよ。

読者

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacCee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e153129Picture 3人

人文

本棚から読む平成史

本棚から読む平成史

D798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e9

con

元美容師

読まなくてはいけない本が30冊ありました。 どんなに時代が進化しても長期的には読書なんですね。

1日前