41khyuafdbl

コメント

皆川博子、篠田節子等、女性の描くミステリー好きの僕にはハマりすぎな感じ。
主人公の思い描く事象が見事に外れていく様と、感の良い読み手の方が思っていた事が、符合した時の“やった!”感は嬉しい限り。
そうでなくても、後半の展開に“成る程!”と膝を打つ方も多いのでは?明かされた本当の真実(それすらも、読んでる途中に深読みしてしまう)にジワっとくる静かな逸品(^^)

その他のコメント

薄暗い運命、儚い感情、触れない心、暖かい家族、恐ろしい過去、美しい未来。

読者

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a4193ade3 e501 4da3 abe9 022856248188Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b 92人

沼田まほかるの本

痺れる

痺れる

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

9話からなる短編集 なんかぞわぞわする感じが残ります 5話目の「テンガロンハット」みたいに 自分勝手に押しの強い人で 話の通じない人が現れたら どうしようと怖くなります

1年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec98ece5cc c795 48ca b5da 2e815eb9f8bb75e97ebe ec60 4f68 be2d 73f72d209d7c 14
猫鳴り

猫鳴り

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

今、我が家の14歳になる雌猫、ふねが、高齢による糖尿病で、毎日インスリンを打ち、それでも日によって容態は安定せず、しかも加えて、先日癲癇の発作を発症して、そのための投薬もすることになり、一時も目が離せない状況になりました。正直看護というか介護に疲れています。そんな時、この小説を思い出し、再読しました。初読のときよりリアルに思うのは当然、それよりも、死に怯える、別れにおびえることより、ちゃんと逝かせてやることを、教えてもらうと同時に、飼い猫からも、死を教えてもらう、ということを、、ちょっと、今、疲れでなにも考えられないけど、ふねを、ちゃんと逝かせてやる、そのことを。受け止められるよう、はい。

約3年前

9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31a000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 17