51e%2bf2gt40l

あの夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに街を滅ぼした。旧家で起きた、大量毒殺事件。未解決となったあの事件、真相はいったいどこにあったのだろうか。数々の... 続き

コメント

事実はある方向から見た主観にすぎない。単行本に色々な細工がしてあるのを知って、次は単行本で読みたい。

その他のコメント

金沢の名家を襲った大量毒殺事件が数十年を経て解き明かされる。そして驚愕の結末が、盆地ならではの蒸し暑さと昭和の時代感が印象的な傑作ミステリー。

読者

07757703 d32a 48ec 9dc9 a05d13baee059497c0f3 3358 4b4a b986 85fd638e2b714d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921846336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb623005b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e6c691830 1283 4653 871c d81a06afb949 30人

恩田陸の本

劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

約1か月前

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

4か月前

B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder 9
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

4か月前

F60f649a 83fa 45fb aafe bcf6a4abf8acA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 11