4161yxzeefl

アウシュビッツ絶滅収容所に着いたユダヤ人を、ガス室行きと生存させる組とに選別した医師メンゲレは、優生学に取り憑かれ、子供、特に双子たちに想像を絶する実験を... 続き

コメント

アウシュビッツの医者でガス室送りの選別をし、囚人達を生体実験でいわば拷問して殺したナチスの医者ヨーゼフ・メンゲレ。敗戦と共に親ナチスだったペロンのアルゼンチンに逃亡した彼がブラジルの海岸で心臓発作で亡くなるまで、をあくまで小説として描いた作品。同じ南米に逃げた戦犯でもイスラエルに拉致され処刑されたアイヒマンと違って最後まで逃げおおせた逃亡生活が追う者達の立場も押さえながらリアルに描かれていてさながらノンフィクションのようでもある。道を踏み外した医者の生家が今では消滅してしまったものの世界的な農機具メーカーであり比較的潤沢な資金援助が得られたこと、また追う側の中心であったイスラエルも中東戦争などより優先度が高い事案が生じたことなどもありあと一歩まで迫られながらも逃げおおせた逃亡生活は追手に怯えながらの惨めなものであったと描かれているのだけども果たしてそのようないわば同情的な筆致が必要だったのか、ベートーベンを口ずさみながら人の生き死にを決めていたという純然たる悪に対してはもっと過酷な運命があっても良かったのでは、などなど考えさせられる作品でした。読み物としてはかなり面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

2日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f893c7a03 6ff6 42d8 b81f 2795c753583e 16
豆の上で眠る

豆の上で眠る

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

終盤恐ろしさを感じながら読んでいました。 しかし、何を恐ろしいと感じていたのか、はっきりと言葉にできません。 話の結末か、作者か、悶々と探して、 見つけた言葉は未読者の目に触れるかもしれないコメントに書く事が憚れるものでした。 ネタバレに繋がってしまう…。 逃げ場のない怒りというか哀しみというか何というか… 盗んだバイクで走り出したくなるような読後感でした。

3日前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46213d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e 105