4161yxzeefl

アウシュビッツ絶滅収容所に着いたユダヤ人を、ガス室行きと生存させる組とに選別した医師メンゲレは、優生学に取り憑かれ、子供、特に双子たちに想像を絶する実験を... 続き

コメント

アウシュビッツの医者でガス室送りの選別をし、囚人達を生体実験でいわば拷問して殺したナチスの医者ヨーゼフ・メンゲレ。敗戦と共に親ナチスだったペロンのアルゼンチンに逃亡した彼がブラジルの海岸で心臓発作で亡くなるまで、をあくまで小説として描いた作品。同じ南米に逃げた戦犯でもイスラエルに拉致され処刑されたアイヒマンと違って最後まで逃げおおせた逃亡生活が追う者達の立場も押さえながらリアルに描かれていてさながらノンフィクションのようでもある。道を踏み外した医者の生家が今では消滅してしまったものの世界的な農機具メーカーであり比較的潤沢な資金援助が得られたこと、また追う側の中心であったイスラエルも中東戦争などより優先度が高い事案が生じたことなどもありあと一歩まで迫られながらも逃げおおせた逃亡生活は追手に怯えながらの惨めなものであったと描かれているのだけども果たしてそのようないわば同情的な筆致が必要だったのか、ベートーベンを口ずさみながら人の生き死にを決めていたという純然たる悪に対してはもっと過酷な運命があっても良かったのでは、などなど考えさせられる作品でした。読み物としてはかなり面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文芸

美しく呪われた人たち

美しく呪われた人たち

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

最近出たフィッツジェラルドの第2長篇です。ちょうど百年ほど前のニューヨークを舞台にした、名門大学出の若者たちの華やかで頽廃的な恋愛の物語。財産や美貌が、やがて呪いともなるという、フィッツジェラルドならではの悲しきロマンス。

40分前

惜春

惜春

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

人の心が描かれた作品だと感じました。 どこか、寂しくて どこか、悲しくて どこか、割り切れない 人間味みたいなものがにじみ出て。 胸が締め付けられる。 人が生きるって、簡単じゃないですね。

約9時間前

星の子

星の子

17ed66fb 8546 40b7 b184 a3d0d75925a2

ナオテン

30にして読書に目覚める。

この作品は似たような境遇の人からすると心に突き刺さるのではないかと思う。 主人公のこれから先の事を考えずにはいられない。 親は大切な子どもから大切な信仰へと変わりながらも、子どもから離れられない。 何かにすがらないと生きていけない。 そんな家庭で育つ人間はどんな未来が待っているのだろう。 何か衝撃のラストを期待して読んでいる自分がいた。そして、そういう展開を期待し、救いを求めながら読む自分がいた。 物語の最後は本当は現実の苦しむ家族の姿か?それとも絆と覚悟の家族の姿か。星に何を思ったのだろうか。3人の心は分からなかった。 ただ、星に願いをしている家族の姿を想像すると、様々な家庭の姿があること思った。誰もが少なからず、何かに救いを求める。それが、自分であったり、他人であったり。家族であったり。

約15時間前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d80392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493d 181