51ekhmdaz l

近代建築の巨匠が日本に遺したDNA。帝国ホテルや自由学園だけではない、ライトの建築哲学の真髄を受けついだ弟子たちによる日本各地の名建築を、オールカラーで一... 続き

コメント

写真がいい、有名どころから殆ど無名の名作が収録されている、歴史観も記述も確かで基本も押さえという、戦前「ライト式」建築入門の決定版。現存建築だけで構成しており、実際に見に出かけられるのもよい。一方で著者らは、日本全国に当時、スクラッチタイルと大谷石でうわべ(だけ)を飾った多数の「なんちゃって」ライト式建築の存在もよく知っているはず。著者の関心ではないかもしれないが、次はこうした「庶民の野のライト式」の発掘と突っ込んだ議論を読みたい。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45Picture6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985645ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 8人

新刊

機捜235

機捜235

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

約22時間前