51qvhe5vnyl

コメント

ガンプラを
作るはいいが
その後の
飾る場所なし
見る人いなし

「短歌は一番短い文学」と聞いたことがありますが、ほむらさんの短歌は絵画みたいだなあと思いました。
ダリの絵とか、キリコの絵みたいな風景が浮かぶシュールな世界。

不思議で不気味な夢の世界を漂いながら、時々出てくる恋愛の歌だけ現実に少し帰ってきてる感じが、ほむらさんだなぁ・・・

2017/11/8読了
自分は穂村さんの短歌よりエッセイが好きなのが分かった。短文になればなるほど研ぎ澄まされるから、好みが分かれるってことなのかな。

表紙の手触りも好きです

短いことばでどこまでイメージを増幅できるか、可能性の無限さにふるえます。。。

読者

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11388a0b9bb 27c9 478e 892b 8961ed0b895540f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575cE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e17a869867 1df2 42d0 b026 9341bb2a732956628d4e 21aa 47eb 9e5a dddc3e230967 17人

穂村弘の本

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

穂村弘さんの書評集。週刊文春で月に1回載っている穂村さんの書評を何回か読んだことがあり、この本も面白いだろうなと。僕は前のめりな気分でこの本を読みました。書評が曲芸的で、展開が全然予想できない。「この説明だから、こういう結末になるんだろうな」とか考えて読んでいる余裕がない。どこにたどり着くのかわからないスリリングな感じ。最後まで穂村さんに主導権を握られているな、という気分にも。色々書きましたが難しい本ではないと思います。読みやすい。けれどもこの本は読みごたえも内容もかなり凄いのではないかと。

4か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763 13
暗黒グリム童話集

暗黒グリム童話集

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

童話といいながら さすがに子供には読ませられない内容でした 暗黒って言ってますもんねぇ

4か月前

3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f55cdf1f4 ce41 4df5 8360 6fdfc3dc27672466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223 8
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

8か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9