61n1jgljstl

旅をしている人にだけ見えてくる風景がある。そこには特別な光があり、特別な風が吹いている――ボストンの小径とボールパーク、アイスランドの自然、「ノルウェイの... 続き

コメント

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文
「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14
なんてものすごく良い。

「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」
p.14
初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

やはり村上春樹の紀行文は良いなあと。旅の良いところ(微妙だったところも含めて)暖かい眼差しで描いている。

1番気に入ったのはアイスランドの章。死ぬまでにオーロラは見ておかねばなあと。

読者

Icon user placeholderBa32cf53 a8d7 412d a4fc 22f50deb9fb679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Aa8adbfc 9571 4e08 9230 812bd0b246fbE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf9d754629 c63c 46df a7f4 22c093d52d3bD7f4a023 7ae7 4f7b 96ba 7696b7d11ecf25e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9f 18人

村上春樹の本

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

8か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267