41o9rv9flml

コメント

ラップはポリティカル=写実的であるがゆえに政治性を帯びてしまうというのが本書の肝である。貧困や暴力の当事者が、ラップで現実を語る時にヒップホップのダイナミズムが生まれる。日本もアメリカみたいになってきた今だからこそヒップホップが面白い。ヒップホップは悲しいかな絶望でこそ輝く。

読者

C8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837338388923 5306 4f90 a069 3d072eea20d1D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf5d0723ed 579b 4b5f 9f48 3ff778db1854E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad 5人

大和田俊之の本

418eztk9iil
Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

ヒップホップとは、「少年ジャンプ」「プロレス」「お笑い」である。

6か月前

07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aD12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf
51f1r1ltaml
978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd

いまい

デザイン関係の仕事に勤めてます。

白人が求める黒人像に、黒人は応えてきた。また、白人が黒人になりすませてもきた。人種差別などに触れながらも、ペルソナを用いアメリカのポピュラーミュージックは育まれていった。

約1年前