51mmvehzg%2bl

発行元から

患者=いとうせいこう+主治医=星野概念(精神科医) による対話のカタチをした薬。

本書は、いとうせいこうさんが普段から患者として通う、
精神科の主治医・星野概念さんとの診療の模様を伝えたい、
そんな思いから始まった対談集です。
いとうさんの悩みはもちろん、精神医療の基礎、診療のシステム、
そして星野さんの悩み、さらにはネットにおけるスピード感への危惧、
ふたりが抱える社会への不安へ話は進みます。

もう我慢を大切にするのはやめよう。
怪我をしたら外科へ行くような単純さで、つらいなら精神科へ行こう。

1. 怪我なら外科、つらい気持ちなら精神科。行ってみよう。
その1 診察室の話をみんなに伝えたかった
その2 精神科には行きづらい、なんて思わないでほしい
その3 話を聞く、聞いてもらう、ってどういうことだろう?
その4 わたしたちは、なんでこんなことにハマり、さいなまれるんだろう?

2. 精神科にはどんな医師がいて、どんなことをしてくれるんだろう?
その1 治療、医師、症状のエトセトラ
その2 星野さんはなんでお医者さんになったんだろう?
その3 精神科にはプロがいる。安心して大丈夫
その4 「物忘れがひどい」すら親身に診察する。精神科医のできること

3. みんなも辛くないのかな?
その1 地味で素朴な救い、ラブ
その2 映画、小説、お笑いが社会にもたらすもの
その3 ゆっくりいこう、小さく話そう
その4 二人きりでお茶をするように

-- --
・星野 いとうさんの悩みを掘り下げるのを公開することで、何かの参考になったり、
ホッとしたりする人が少なからずいると思うんです。(中略)これはいとうさんが思ってるより、すごいことですよ。

・いとう よしわかった、自信持つわ、俺(笑)。

・星野 「あっ、いとうせいこうもカウンセリング通ってるんだ!」って思う人、絶対いると思うんですよ。それがとても大事で。

・いとう 「そういうの、当たり前なんだ!」 みたいなね。
(本文より)
-- --

いとうせいこうの本

「国境なき医師団」を見に行く

「国境なき医師団」を見に行く

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

国境なき医師団「MSF」というらしい。 何も知らない私も、いとうせいこうさんと「見に行った」。というスタンスのおかげで(この日本にいる人間にとって、想像を超えた理不尽な不幸を)現実的に受け止めることができました。 ここに私的な感想を長文にするより、この本を手にとって知って欲しい。 「MSF」は絆創膏を貼りに行く。とても、印象深い言葉でした。 決して悲惨で苦しくて悲しい事を散らばしたような内容ではありません。深く静かに「見に行った」そんな感じです。 是非一緒に「見に行って」ください。

12か月前

08295028 b7fa 4dca 814b 6be5e64aae9e26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae
ボタニカル・ライフ―植物生活

ボタニカル・ライフ―植物生活

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

これはもうだめだー 植物を育てる人なら必ず陥るであろう、あるあるネタが満載で死ぬほど笑った 盆栽を剪定できない アボカドの種を植えてしまう 食べるはずのハーブを育てたくなってしまい収穫できない もらった鉢の置き場所に悩み、平気で半日経ってしまう 書き切れないわー

約1年前

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a34d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840A8584ec0 4506 4840 aecf adc4d11f429e