510 fo3fyhl

女子高生・小峰りなのモットーは、どんな些細な不愉快事でも必ず「復讐」でケリをつけること。そんな彼女が夜道で背中を切りつけられ──。鮮烈なキャラクターが光る... 続き

コメント

サクサク進みます。それ程ヒネリはないけど、最後はいい感じ。

その他のコメント

復讐するのは、私自身のため。
犯人が呟いた「ラメルノエリキサ」とは?
主人公であるりなの性格形成には「完璧なママ」の影がチラつくんだけど、闇がありそうでその辺りをもう少し突っ込んでほしかった。

おもしろかった!!
「やられたら、絶対やり返す。小峰りな16歳。」の帯通りの話で、宮部みゆきさんと一緒にりなちゃんのファンになっちゃう!!

自分がすっきりするためだけに復讐する。そんなりなが通りで何者かに腰を刺され入院する。犯人が残した「ラメルノエリキサのためなんです、すみません」という言葉を探り復讐しようとするりな。

りなという女の子が自分のありようを人に頼ることなく、自分で決めていく潔さが気持ちいい話だった。

読者

Icon user placeholder7db86489 d45c 4af9 8e16 45336a1b17f9Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97781525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad494fa151b e37b 473f 800c 1cf8abbc9713Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b25857c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb 10人

文芸

文豪妖怪名作選

文豪妖怪名作選

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

全部で19篇。冒頭の尾崎紅葉『鬼桃太郎』は、桃太郎に浴びせられた屈辱を晴らそうと桃太郎退治に出かけた鬼の珍道中。挿絵付きでいきなりかっ飛ばしてくれます。泉鏡花『天守物語』は怪しくも美しい青獅子の戯曲。日影丈吉『山姫』は、一読妖怪探索の旅行記かと思わせといて、気がつくとあちら側へ。椋鳩十『一反木綿』、ほおこんなの書いてたんですか。内田百閒『件』は、なにを今更ですが、こういう並びで改めて読むとやっぱり流石ですね。巻末には東雅夫の懇切丁寧な編者解説付き。怖くはないですが、クスッと笑える妖怪達のあれやこれや。

36分前

船出(上)

船出(上)

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

ウルフのデビュー作。 人それぞれ考えていることの多様さを、人物像を想像しながら読んだ。 後に表題作となるダロウェイ夫人も登場しており、同じ作家の本を読む愉しみがあった。

約3時間前

エヴァンズ家の娘

エヴァンズ家の娘

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

同居中の男性から度を過ぎた束縛を受けるシングルマザーのジャスティーン。 亡き大叔母が自分に遺した古いロッジに二人の娘とともに逃げ込んだ彼女は、その場所でかつて大叔母の幼い妹エミリーが行方不明になったことを知る。 本書は過去パートである姉リリスとエミリーとの日々を描いた大叔母ルーシーの手記と、現在パートであるジャスティーンと娘たちの経済的、精神的苦境やストーカーに怯える日々が交互に描かれる。 ジャスティーンの母モリーも含め、代々のエヴァンズ家の娘たちが底なし沼みたいな男性関係の不幸の中にズブズブとはまり込んで行く恐ろしさ。 彼女たちは、みな互いへの愛ゆえに行動しているのに、いつもすれ違い傷つけあう。 登場人物の一人が『自分がまったくちがう人間だったらよかった。勇気ある人間。もしそうだったらたくさんの人生が今とはちがっていただろう』と過ぎた日を悔いる。 ラストでジャスティーンが見せた勇気を彼女たちが見ていてくれたら、と思う。 MWA賞など各新人賞の候補作などになった著者のデビュー作。

約9時間前