Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51cxvdfpiil

コメント

厳しい女性部長アッコちゃんとランチを交換することで、失恋して落ち込んでいた主人公の世界に色が戻ってくる、元気になる表題作のほか、読みやすい文章の短編集。

美味しいご飯を人と食べられる幸せ。大切に生きていきたい。

アッコさんみたいな人に出会えたらな、なれたらな〜
ポトフ食べたい。

王様のブランチで、仕事に向かう時に元気が出る本として紹介されて購入。人の粗を探すのではなく、補完し合うという意識を持とう。仕事でムシャクシャしてるときに、ポジティブになれる。

2017/10/31読了
自分をすり減らすことなく、誰かのために役に立っていると思える仕事をしたいんだけど、なかなか難しいよね。アッコさんみたいな人になりたい。

OL応援本…。

サクッと読めて元気になる話

人とごはんを食べる
あったかいものを食べる
わりと大事で、一人暮らししてるとなかなか難しいことだなーとおもう

とても読みやすかった
アッコさんに会いたい

ゆとりビアガーデンのれみちゃんの考え方はなんだか、前向きになれて元気をもらえました(^o^)/

いつも適当な外食ランチを見直してみようと思った一冊。

美味しい本ですよね〜ランチの時間がキラキラして食べるって特別で楽しいことなんだと思える

アッコちゃんみたいな上司にめぐり会いたい。第2章の東京中をワゴン車で走って届けるフードビジネスが圧巻。食べることは生きること。

http://nextweekend.jp/weekender/sumire/3979

別れのような辛いことがあっても、誰かと美味しいものを食べて、また新しく繋がっていくことができる。
豊かに生きるためには、食が欠かせないと改めて思った

前向きになる本。ズンズンって感じ。

美味しそうな表現が抜群。食べたくなるし作りたくなる。しゅん、とした時に読むといいかも。

アッコさんはとても素敵な女性で、こんな強くて優しい女性になりたいと思う。

読者

Icon user placeholder52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Icon user placeholder53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e516590402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 56人

柚木麻子の本

さらさら流る

さらさら流る

Pezht4zp normal

yukimizuirosuki

歌う、笑う、音楽すき

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。突然そんなかけがえない夜を覆うような染みがどんどん拡がって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

15日前

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b 12
BUTTER

BUTTER

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

こってりしたものが食べたくなると聞いていましたが胃弱なのでなりませんでした。 かつての、と思えるようになっていたいけど、まだまだ今の自分を見ているようなところもある。 でも描かれている大体の食べものはもう想像出来るかなー。

9か月前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f21a3a820 08a8 4ff4 891e 70ec812df7fbFaff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d06 57
伊藤くん A to E

伊藤くん A to E

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

どこがいいのかさっぱりわからない伊藤くんの周りにいる女性の話。 柚月さんの作品は、女性のえげつなさが痛々しいまでにリアルに描かれていることが多く、途中でちょっと苦しくなってくることもあるのだが、この話の中にもそんな部分も出てくるが、「煙たい後輩」よりはまだライトかなと思った。 伊藤くんは停滞したままで、何も変わらないが、その周りの女性たちはもがきながら、無様になりながら、自分と向き合って前に進んでいく、女性の強さと美しさに痺れるそんな本だと感じた。

11か月前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 11