512rju1ukil

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう... 続き

コメント

大方予想通りの展開かと思いきや、ラストの見開き2ページの衝撃といったら。主人公に感情移入してたら、一緒に死にたくなった。絶望ってこういうことなんだ。
『告白』の次に好きです。

最後の最後で鳥肌が立つ展開でした。読み終わっても、もう一度読み返したくなる本。湊ワールドに引き込まれてしまいました。

coffeeと蜂蜜がキーワードのミステリーであり、友達のなかの格差というかヒエラルキーもテーマの話。

基本マイナス思考の主人公と、同じゼミの仲間たちが合宿中に事件が起きる。そして彼らは大きな罪をひたすら胸に隠すことに。そんななか、一通の告発文が届く。

「友達」とは言いつつも微妙な力関係が存在することが、上手く表現されている。やはり湊かなえさんの作品には引き込まれる。

主人公宛に送られてきた告発文…
その告発文は、主人公が殺人者だと語っている…

悲劇の自動車事故で亡くなった友人の死の真相を巡って繰り広げられる物語…
最後は、意外な終焉を迎える。

読み終わった時、心に重いものが残ります。
いつもながら、流石です。

湊さんの作品らしくいわゆる「いやミス」だった。最後ちょっといい感じにさせておいてバタバタと全部黒に返す感じ。ただすべてがわかりやすくて残念。先が読めてしまう。

「途中で犯人わかっちゃったな〜」と思い、穏やかな気持ちで終章を読んでいたら、最後の2ページで鳥肌がぶわわわっと……。
コーヒー飲みながら読んでいたら、確実に吹き出してましたね、コレは。
湊かなえさんが、普通に終わらせてくれるわけが無かった。やられました。完敗です。

この素晴らしい後味の悪さは湊かなえさんじゃないと書けない。この作品はちょっとマイルドだなと思った自分がバカだった。

ラスト 思いもかけないものでした
もし 自分だったら 耐えられないかも

相手のことを大切な友達だと思うなら ちゃんと口に出して 自分をわかってもらおうとしなければいけないなと思いました

死んでから自分のことをわかってもらっても 後の祭りです
残された人も 何も知らなかったことに傷ついてしまうから

読み始めた小説は、絶対最後まで読まなければいけない。

表紙のデザインに惹かれてジャケ買いしてしまいましたが、内容は普通に楽しめました!
”告白”同様、ラストが衝撃でした^ - ^

あーーー
やはり最後の最後で…
色々とあったけどハッピーエンドで
終わるんやんな〜的な感じから
一気に奈落の底に突き落とされた感じ
まさかね〜

また久しぶりに告白が読みたくなった

湊かなえさんって、感じの本です。おしゃれ、かつ、人の醜さ、小ささが見事に描かれた作品。

読んでいる途中犯人はこの人だ、わかっちゃったなと思いながら読んでいたけれど...ラストのラストで絶句でした。鳥肌がたちました。さすがです。。

噂どおりのイヤミスクイーン…

読んでみないとわからないとは言え…

やられました。

最後のページの衝撃がすごい。なんとも言えない苦しい気持ちがちょっとの間続く。

読み終えた後、えっ、これでおしまい?と声を上げていた。
湊かなえさんの小説はあまり読んだ事がありませんが、結末にはなかなか驚かされました!!
いい感じで終わるのかと思った矢先に、一気に奈落の底に...。
何とも言えない重たい終焉でした。

自分のなかで予想してた展開が最後の何行かで一気に変わり、本当に驚かされました!
コーヒーが飲みたくなります。

読者

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37Icon user placeholderIcon user placeholderDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b100743972 6d70 440c bc55 81b990cbc33aIcon user placeholder0d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446b 69人

湊かなえの本

猫が見ていた

猫が見ていた

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

23日前

Ef87a4ac 97e6 4161 a5bd fc9cd6bb67eaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113F4facb9f 224a 4de9 b265 4be5da1fd6b6 16
江戸川乱歩傑作選 鏡

江戸川乱歩傑作選 鏡

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

乱歩作品の中でも論理パズル、そして乱歩お得意のどんでん返しの作品たちと推理小説についての随筆、さらに同シリーズの「獣」「蟲」に納められた作品とも毛色の違う「木馬は廻る」を収録。「木馬は廻る」は初めて読んだのだけれど、乱歩作品によく描かれている、世間からは異常と見なされる人たちがどこか哀しいのは、この作品に描かれている「何処にでもいる、いた人たち」の立ち行かなさと本質的には変わらないからなのかも知れない。 編者が解説で触れている「重大な謎」、自分はごく単純に考えていたんだけど、もっと隠された謎があるんだろうか?気になってきてしまった。

9か月前