512rju1ukil

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう... 続き

コメント

coffeeと蜂蜜がキーワードのミステリーであり、友達のなかの格差というかヒエラルキーもテーマの話。

基本マイナス思考の主人公と、同じゼミの仲間たちが合宿中に事件が起きる。そして彼らは大きな罪をひたすら胸に隠すことに。そんななか、一通の告発文が届く。

「友達」とは言いつつも微妙な力関係が存在することが、上手く表現されている。やはり湊かなえさんの作品には引き込まれる。

その他のコメント

大方予想通りの展開かと思いきや、ラストの見開き2ページの衝撃といったら。主人公に感情移入してたら、一緒に死にたくなった。絶望ってこういうことなんだ。
『告白』の次に好きです。

読者

74fa320d d3c1 4864 a4b0 5a3fe5043fbe73351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51f6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bFcba098f cc0a 4a1d 9a81 1ff0fe54d4861c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce49886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351 96人

湊かなえの本

ブロードキャスト

ブロードキャスト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

デビュー10周年記念作品という事だが、NEW湊かなえ発見と言ったところか。王道まっしぐら青春小説だった。この青春劇に湊かなえが必要だっただろうか?

5か月前

4d880449 d678 407a 9980 9351aa463ed8372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184 20
告白

告白

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

2009年の本屋大賞受賞作品。湊かなえの代表作で映画化もされたので、知名度はかなり高そう。10年積読してた本をようやく読了。 読み始めたらあっという間で、その日のうちに読めてしまった。とにかく読みやすいのと、お話の先が気になってページを繰る手が止まらなくなる。徹夜必至本なのだった。 5人の語り手による「告白」形式の連作短編集。人の心の闇。人間が一番残虐になれるのは、正義の名の下に人を裁く時なのだということがわかる一冊。ワクワクしながら読んでる読み手も、その対象からは逃れられない。 まともな倫理観の人間が一人も居ないという、暗澹たる内容ながら、やはり復讐譚は面白い。これは読まれるのも納得。しばらくこの作家を追いかけてみようかな。

7か月前

Ede3675f b26d 46a2 b8b8 1cc2f929c60b74fa320d d3c1 4864 a4b0 5a3fe5043fbe218e9d5d 7e3f 458d a0c0 75c97c18e154 197
ユートピア

ユートピア

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

立場が違えば見方も変わる、まさにそんな感じ。ゆったり不穏な空気を含んだまま物語が進んでいきます。モヤっとした終わりで....当人同士にしか真実はわからない。

8か月前

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58409f696e 0db8 40b8 8ec9 aa84d6c4939bA5c0c93c d5f2 4d40 bd88 12d7b6d4d0c3 71
贖罪

贖罪

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

湊かなえらしい語り調子で、読みやすかったです。

9か月前

91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38