51u9v%2bcgasl

12歳の少女リリが、犬と過ごした予想外の夏休み。ヨーロッパで話題のYA小説、登場。 続き

コメント

リリの頭の中の物語。どこからどこまでが本当?となるあたりが面白い。子供の頃って結構創作脳が発達していた気がする。

読者

66feff89 7503 4093 b855 5506bddb1868014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

文芸

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1時間前

かわいい結婚

かわいい結婚

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

結婚に際した女性に関する物語が3つ入っている短編集。 個人的にすごく面白かったのが2つ目の「悪夢じゃなかった?」。 「女性専用車両にわざわざ乗るのって、なんでみんなババアなの?」 とナチュラルに疑問を持つ男性が、ある朝起きると、女性になっているという、<グレゴール・ザムザ >か、<君の名は。>と言った物語。モチーフとしてはとてもありがち。を通り越して手垢のつきまくったものだけれど、それにしてもすごく面白い。 おおよそ、女性が外を歩いている時に被るであろう被害と、そして恍惚を経験する地獄めぐりの果てに彼が見たものは…。 その、多くの男性にとって、自分の身体に、注目され、凝視され、欲情や批難の視線を浴びるという経験をすることは無い。 だから、そういう楽しさや疎ましさは分からなかったけれど、彼女の文章は読みやすいけれど、精密に描かれているので、なんとなく分かるかもという感覚になったし、それ以上に、「女性」をすることができる女性がちょっと羨ましくもなった。 たとえば、ペディキュアなんかがそうだろう。男性にとって自分の足というのは、まあそれほど綺麗なものでもないし、そもそも気になる身体の部位なんかではない。せいぜいたまに数週間に一回程度、身体を丸めながら爪を切るときくらいしか気にしない。それも靴ずれしない程度に、ささっと適当に爪を切るだけだ。

約2時間前

A9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c 8