5198x72dqfl

コメント

その他のコメント

リルケにとってこの世界は生きにくかっただろうと思う。痛いほどまっすぐな言葉たち。

「ゆたかな林檎よ」を読むたび、わたしは嬉しくなる。大人がコーラを飲んで美味しいと思うような、キラキラした気持ち。

読者

044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd8100447e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Bd8816a3 9c42 40a8 973c 50b2135518f0Ffb27c8e b357 4048 813e fa968c73c4c63a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b99261b88623 7cfa 425e b2c4 af3aadd16c52 7人

リルケの本

若き詩人への手紙・若き女性への手紙

若き詩人への手紙・若き女性への手紙

843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a

0000

tokyo

迷いとかあてのない思いを誰かに話すっていうのは答えを知りたいわけではなく、この人だったらどう考えるんだろうとかそういうことだったりするなと思ったりする。 誠実なリルケ。 それが届くだけでもなんて心強いことか。

4年前

8eb5f544 bc7b 46d4 a7f6 1b786a82e3f904917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34 10
ポルトガル文―他一篇

ポルトガル文―他一篇

Bd8816a3 9c42 40a8 973c 50b2135518f0

さくや

大学生/ジャンル問わず気になった…

ポルトガルの尼僧がフランスの軍人に宛てた恋文(現在では創作だと考えられている)。書き手に感情移入してしまいがちだけども、こういう手紙を受け取った側はどんな気持ちなんだろうか。

4年前

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dcE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a