41vtskovmll

同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。-そしていま、浅川は一本のビデオテープを手に... 続き

コメント

いわゆる貞子です。これが意外と面白い。どんどんSFになっていきます。

その他のコメント

小6のときに出会い、小説を読むようになったきっかけの本。
お陰でクラスで浮いた存在になってしまった(;д;)

読者

63b3dde0 ef38 44a7 9c82 cd2278ef13d50e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b1426bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeIcon user placeholder 14人

鈴木光司の本

楽園

楽園

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

大好きな本で何回も読んでいる本。地球規模のファンタジー。

2年前

Icon user placeholderBc32b855 5dd1 4915 a950 d2e63946d64e4cb42ad7 d553 48e0 adfd e602f4cccfa3
シーズザデイ〈下〉

シーズザデイ〈下〉

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

結婚前に付き合っていた女性『月子』の自己中心的な性格はおそろしいまで。後書きに「男としては一度はこういう女に魅かれる」とあり、そんなものなのかな。この月子と対局的な性格の『裕子』と最終的に暮らすことになり、よかったと思う。海の描写がとても素敵な小説でした。

2年前